--
--
スポンサーサイト
written by ai * スポンサー広告 * edit * *
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09
30
どこから手を付けていいのやら、、、、
written by ai * ミニチュアハウス * edit * CM:2 *
2005 山火事で大変なこの2日。プラス、ケーブルテレビの調整やら、ガスの地震対策やらで、家の中外で、見知らぬ人が作業しているので、犬が吠える吠える。。。その吠える犬を叱るために、吠える私も、仕舞いには頭痛がしてくる始末。散歩にでると、山の彼方から竜巻のような煙がもこもこと出ているのが、見えた。火事が起こっている方面に比較的近いところに住んでいる友人二人は、無事だそう。ほっとして、さっき、珈琲タイム。

さて、でかいドールハウスの画像を撮ろうと思うものの、どこから手を付けたらいいのか、迷いに迷って、挙げ句、結局、一番、楽に画像が撮れるところからという事で、トップから
始める事にした。

sadie.jpg
ハウスのてっぺんにおまけにように付いている小部屋で、形的にも、あまり
家具が入らない。折々に100円ショップ家具や、食玩具家具を入れたりして楽しんでいる空間。実際に自分の家にこんな空間があったら、私はどうするだろうか、、、きっとヴィデオとテレビを置いて、それを見ながら(聞きながら)昼寝かな。


storage3.jpg
そのタワー小部屋の下にあるのが、3つに区切った、屋根裏部屋。この左の部屋は、本当は、美術品の展示スペースにする筈だったのが、何の事はない、あれこれと入れ込んでいるうちに、物置のようになってしまった。左の着物は、ドールハウスように、友人が作ってくれた作品だけど、裏までちゃんと付いている本絹の着物で、ディテールは驚くばかりの出来上がりになっている。(感謝!)ここでも、リーメントモノは活躍中。(^_^;)螺鈿風のドローワーも、友人からのギフト。これも恐ろしい程の細かい絵が描かれている。人形に代わって私がここで、何時間も過ごしてみたいと思うぐらい。

window.jpg
小窓もあって、これが、又、妖しい秘密の窓みたいなのも嬉しい。


sw3.jpg
真ん中の部屋。ここだけ、壁紙を変えて、仕事がはかどるように?明るい壁紙になっている。縫い物ができない私だからこそ、せめてミニハウスには、ミシンをと探しに探して調達したもの。縫う事はできないけど、動くには動く。ドイツ製。


plyroom.jpg
この右部屋は、大人の寝室にする予定だったのが、これも、何やかと入れていたら、子供部屋になってしまった。子供の頃から、屋根裏部屋い憧れがあって、そんな気持ちの現れなのかも分からない。屋根裏部屋に住む小公女、可愛そうな境遇だったけど、何故か、屋根裏に住んでいる不幸な時のセーラが、凄い羨ましかった。子供の頃は、おかしなモノに憧れるのかも。(^_^;)・・・眼帯している友達や、骨折して松葉杖を使っている友人にも羨ましかった。妙な子供だったのかも分からない。・・・

屋根裏は屋根裏空間らしく?照明も小さいのが各セクションに1つづつ。それだけに外の世界から、余計隔離されているような感じもして、落ち着けるような気がする。壁紙もアズキ色の暗い感じだけど、暖かそうなのを選んだ。

屋根裏部分には上蓋が付けられてあって、これは、上に上げるだけ。横着モノには、もってこいの遊び空間だ。

夜の屋根裏部屋・・・・

nite-atticl2.jpg


nite-atticm.jpg



nite-atticr.jpg


-続く-
スポンサーサイト
comment


私も、屋根裏・眼帯・松葉杖、、憧れてたよ v-392
今となっては疑問だけど何故かとても羨ましかった。
夜の屋根裏部屋、雰囲気あっていいねー♪
螺鈿の衝立も素敵だよー。。。
お着物は例の彼が?(笑)
---------- COCO [ 編集]* URL * 10/02, 01:16

さ、さ、さすがそこまでは、、、(゜_゜)けど、材料と見本があれば出来るっていうかも。。。v-14着物はブログからリンクしているgo!go!poodle!!工房さんで、無理矢理頼み込んでの着物なり。

ぃやん、cocoしゃんも、眼帯少女だったのね。お仲間お仲間、、、v-238
---------- ai [ 編集]* URL * 10/02, 01:36

comment writing












 管理者にだけ表示を許可する?

Copyright 2007 ガリバー日記 all rights reserved. Designed by from fm in blog. Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。