--
--
スポンサーサイト
written by ai * スポンサー広告 * edit * *
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08
06
ゲティ美術館-4-
written by ai * 普通の日記 * edit * CM:0 *
2007 美術館内の人模様。。。実はこぉいうのが一番興味があったりします。 美術工芸品を見るのも、浮き世を忘れる貴重な時間ですが、そこに集う人を見るのも大変に興味深いです。

殆どの画像が手ぶれしているのが、残念です。

impress.jpg

kids.jpg

この印象派があるセクションが、この美術館でも、一段と人が多くて人気があるみたいです。夏休みで子供が沢山。

statue.jpg

classic.jpg

granma-kid.jpg

drawingroom.jpg

これは、デッサン室で、一般の人に美術館での作品デッサンを体験してもらう、、、という趣向です。右端は、ガードマン(女性ですが)館内は、至る所に当然ではあるけど、ガードマンが立っています。

ent-exbt2.jpg

エントランスホールにある大きな大きな廃材利用の創作品の一部です。作家は、Howkinson。ent-exbt700.jpg

天井からつるされているこのチューブから、上の機械のシートが回って音が出る仕組みです。音色は、未知への遭遇で宇宙人が送った信号音に近いような感じとでもいうか、、、これが一時間おきに5分、流れるようになっています。正直、着いた時にこれを見たとき、空調を修理しているのかと思った私です。

jacom.jpg

これは、今回、Weston同様、嬉しい出会いでした。なぜか、昔から好きなジャコメッティです。入り口の横端にそっと置かれていました。

mainte.jpg

あちこちで、地味に働く人が。。。余計な心配ですが、一体、この美術館を維持するのに、一日どれほど費用がいるのだろうと思ったりしたけど、恐らく、庶民には思いも寄らない金額であるのは確かでしょう。
goinghome.jpg


おわり
スポンサーサイト
comment

comment writing












 管理者にだけ表示を許可する?

Copyright 2007 ガリバー日記 all rights reserved. Designed by from fm in blog. Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。