--
--
スポンサーサイト
written by ai * スポンサー広告 * edit * *
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09
27
ヴァネの金満生活
written by ai * Doll * edit * CM:0 *
2011


本当に不思議なのですが、なぜか無料で届く雑誌の新刊に、サンフランシスコの
とあるお宅の素敵なインテリアが載っていました。

ゴージャスマダム風のヴァネのお宅、、、という感じかなと、
例によって例の如く、背景に拝借しました。


4vneeug092611.jpg
ドレスはユージ1号?から拝借しています。

残念ながら、諸々の事情から(?)ここで、バネ手持ちのバックの
全容はお見せできませんが、ご存知の方も多いと思いますが、
素晴らしい出来です。


5vaneeug092611.jpg




9vaneeug092611.jpg





7vaneeug092611.jpg




8vaneeug092611.jpg




10vaneeug092611.jpg




room092611.jpg
お宅全体は、こんな色合いの可愛らしさが一杯に出来上がっています。
印象派風の油絵や、現代彫刻、絵画、フレンチのゴージャスな磁器、
中国の象嵌があしらわれた家具など、一見そぐいそうにないものが、
渾然一体と、見事に収まっていて、驚きです。

これらのものを、好きなよーに自分の家に列べて見て、、、と、もしも
私が言われたとすると、飛んでもないインテリアの家になってしまいそうです。

そして、万が一、こんなインテリアのお宅に招待されて、お茶でもごちそうに
なると、一時的にでも、夢を見ているような、明るくて、現実を忘れて
優雅な気分になれるのではないかと思います。
(が、「何一つ、触るでないゾヨ」、というホステスの
目が光っていそうで、落ち着かない気もします。)


スポンサーサイト
comment

comment writing












 管理者にだけ表示を許可する?

Copyright 2007 ガリバー日記 all rights reserved. Designed by from fm in blog. Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。