--
--
スポンサーサイト
written by ai * スポンサー広告 * edit * *
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08
04
Vivian、、、
written by ai * 日記/ドール * edit * CM:10 *
2011
8月3日、午後1時15分、ヴィヴィアンが亡くなりました。

うちに来たのが、2002年の夏。6才から15才まで
9年、一緒にいました。

3月の半ば、突然のように、具合が悪くなり、糖尿病と診断されてから、
4ヶ月半、インスリン注射を朝晩して上げてましたが、やっと最近、
小さい瓶が1瓶終って、私の注射の腕も上達したかな、、、?
と思っていた矢先、、、6月半ばからは、後ろ足も立たずで、
昼間には、バギーに乗って、庭を散歩とも言えない程度ですが、
移動したりする限られた生活になってしまっていました。

来た当時から、兎に角、食い意地が張った子で、スマートな姿で我が家に
来たのが、一年を少し過ぎる頃には、少々デブという体型になっていました。
散歩中に何か見付けると、すぐ口にするし、家の中でも、いつも何か
落ちてないか、、、?と、食べ物を探していました。その上におねだり上手で、
ついつい我々も人間の食べ物を上げてしまったりしていました。
本人の資質?もあったのでしょうが、我が家の人間が、それを助長したの
だと、今頃になって遅い反省をしています。



may2003viv.jpg
うちに来て、暫く経った頃、それまでは、食べ物を探すのに、よく家出を
していました。やっとそれも落ち着いた頃でしょうか。何か食べ物はないか、、、と、
探しているところです。



march2003viv.jpg
うちに来て、半年が経った頃でしょうか、、、アダプトするときに、じっくり書類も
見てなかったのですが、綺麗な犬でとても当時7才になろうかという犬には
みえませんでした。



feb2007viv.jpg
なぜか、2004、2005年がこのパソコンのデータに入っていませんが、
2008年の冬のヴィヴィアン。このころには、コロコロに肥っていました。



vivi917.jpg
去年の秋。茶色だった目の上が白くなっていて、「お互い年取ったね。」と
話しかけたりしていました。

ヴィヴィアンは、他の2匹に較べて、気位が高く、図太い神経の持ち主で、
going my wayを最後まで貫いたような気がしています。

今朝、もぉ一匹のキッピーと一緒に散歩して、元気な時に歩いていた公園の
空気を吸わせて上げられたのは、私のほんの少しばかりの贖罪ともいえない
贖罪です。




スポンサーサイト
comment


aiちゃん ヴィヴィちゃん 逝っちゃったんだね。。

一緒に過ごしてた者はこういう時 どうしても何かしら後悔したりするんだと思うけど
ヴィヴィちゃんは最期までaiちゃんといられて
最後のお散歩にも行けて 満足してると思う。
きっと今頃 むこうでおなかいっぱいご飯食べてるよ。
aiちゃん、お疲れ様。
元気出してね。
---------- [ 編集]* URL * 08/04, 20:34
Re: タイトルなし
jinちゃん、、、かな?

ありがとうね。丁度、話していた時にも、かすかに、
普段と違う鳴き声をだしたりしていて、びっくりしたけど、
まさか、あれから、数時間で「さよなら」になるとは
思っても見なかった。痛いとも痒いとも、文句も言わず、
最後の最後まで、生きるゾ!という意欲を見せた犬
でしたわ。

ペットから教えられることが沢山、、、と、今更ながらに
思います。


---------- ai [ 編集]* URL * 08/04, 22:56

なんとなく眠れず、ブログ巡りをはじめたところ、ガ、ガーン!です。
メスで大食いで図太いというヴィヴィちゃんにはウメと似てると思って親しみを感じていましたので。
具合が悪くなってからはある程度覚悟をされたかもしれないですが、いざ、居なくなるとショックが大きいのでないかと思います。
記事を読ませていただいて、私も自分の甘やかしがウメの健康を損なわせて命を短くさせている、、、、と同じようなことを考えるのですが、半分、犬にも犬の楽しく自分らしく生きたいという権利があると思うのですよ。
サジ加減が難しいですが、人間の子供などと違って、飼い主がいなくても一人で生きられるようにしなくてはいけない・・・とかでありませんので、体の不調で苦しいこともあったでしょうが、ヴィヴィちゃんはaiさんのところで自分らしく生きられたと思います。
あまりご自分を責めませんように。
ヴィヴィちゃんも感謝してると思います。(それに体調が悪いのは食べ物のせいとは知らなかったかと。^^;)
aiさん、ヴィヴィちゃん、お疲れ様でした。
しかし、私も拾い食いは困っています。
ときどきこちらの心臓が止まりそうになるようなものを食べるので、激怒してますがワカッテくれませんで。。。--;
去年に道に落ちた団子を串のまま食べてしまい、さすがに青くなりました。
なんともなかったので幸いでしたが、私が数日眠れませんでした。
---------- 梅松竹子 [ 編集]* URL * 08/05, 05:38
Re: タイトルなし
竹ちゃん、

優しいコメントをありがとうございます。、気持ちの中、家の中に
ぽっかりと穴が空いたような感じで、落ち着きませんわ。まだ、2匹
元気な▼・。・▼がいるので、助けられてはいますが、小さい犬なのに、
3匹の中では、一番、手がかかる困った子だったこともあり、
今更ながら、存在の大きさを感じてます。

ウメちゃん同様、ヴィヴィも、実によく道に落ちているものを
探して食べていました。他の犬は見向きもしない木の実とかも
お腹を壊すこともなく、平気で食べてましたよ。小さい分、
串ごと団子を食べるという事は、恐らくなかったでしょうが、、、へへ
しかし、串はちゃんと出たのでしょうか、、、???

今、思うには、最後の数日、もっと好きなだけ、いろいろな
食べてはいけないものを含めて、食べさせて上げていたら
良かったかな、、、昨日の朝、小指の爪の1/3
ぐらいだけど、チーズを上げたら食べたのは、最後のお愛想
だったのかも。

元気な間にウメちゃんと散歩して、楽しい思い出を一杯作って
下さいね!!






---------- ai [ 編集]* URL * 08/05, 09:40

今頃はきっと「虹の橋」の向こうからaiさんの事をまもっていてくれてると思います。・・・ぽっかりと穴が空いたような感じ・・・・
私は6年前に「虹の橋」に行ってしまった子(♂猫)の気配が無くなった時の寂しい心の中に出来た「穴」をいまだ直す事が出来ません、
でもずーと一緒にいると思っているし、守ってくれているんだなと思う事が多いです。
---------- スピラ [ 編集]* URL * 08/05, 13:06
Re: タイトルなし
スピラさん、

今までヴィヴィが寝ていたところを片付けたら
狭いなo(´^`)o ウーと思っていた場所が
今や、できた空間がもの淋しく感じます。

あちらに行って、食べたいだけ、美味しいものを
食べて、ニコニコしてくれていたらいいのですが。
女王気質の子だったので、正直、守ってくれるか
どうか期待できない気がしますが、(^ー+^)、
あちらでも、ちゃっかりと「守ってくれる」人や
仲間を早々と探しているかも。


お盆には、戻ってきて、かすかでもいいから
気配を感じさせてくれるといいのだけど、、、
かすかな望みです。
---------- ai [ 編集]* URL * 08/05, 14:48


ヴィヴィアンちゃん、よく頑張ったね、大好きなママといて幸せだったと思います。

ご冥福をお祈りします。

※ こっちは、16才になるゴールディですが、彼の後ろ足が弱くなり、家の中であっちこっち、よく失禁してしまいます。







---------- 森都 仁 [ 編集]* URL * 08/06, 02:58
Re: タイトルなし
jinさん、

ありがとうございます。
あれもしてあげておけば良かった、これもしてあげていれば良かったと
まだまだ後悔ばかりですが、ヴィヴィも今は楽になって、前と同じように
好きなだけ、食べたいものを食べてグルメライフを楽しめる状態かなと
勝手に想像しています。

ゴールディちゃん、16才ですか。。。
jinさんも、何かと不安がよぎる毎日ではないかと思います。
昨日、動物病院の看護婦さんと話していたのだけど、
彼女の家のダックス@♀も、16才で、よく転んで、
おもらしもする毎日だそうです。心臓と甲状腺の
薬を飲んでいるとかですが、病院勤めとはいえ、
自分の▼・。・▼になると、客観的になれないと、
苦笑していました。どうかどうかゴールディちゃん、
少しでも長く、快適な日が過ごせますように、、、
---------- ai [ 編集]* URL * 08/06, 14:16

ご無沙汰しております。
先月は携帯でちょこちょこお邪魔しておりましたが、今月の記事を今PCで拝見して、ヴィヴィちゃんのことを知りました。
春頃から思いのこもった写真と文章で様子をつづられていたので、覚悟はされていたのではないかと思いますが、家族を亡くすのはやはりとても辛いですよね…。
心よりお悔やみ申し上げます。
---------- リオコ [ 編集]* URL * 08/14, 01:52
Re: タイトルなし
リオコさん、

こちらこそご無沙汰ばかりです。先日はありがとうございました。
今日はさっそくに、すっかり別人になり切っている素敵な佐藤さんを
拝見させて頂きました。

明日、ヴィヴィちゃんが骨壺に入って戻ってきます。
覚悟は出来てましたが、淋しいものですね。
何かにつけて、胸が詰まります。 他2匹、ドールに
気持ちが救われています。

---------- ai [ 編集]* URL * 08/14, 15:40

comment writing












 管理者にだけ表示を許可する?

Copyright 2007 ガリバー日記 all rights reserved. Designed by from fm in blog. Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。