--
--
スポンサーサイト
written by ai * スポンサー広告 * edit * *
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03
10
虫干し
written by ai * 普通の日記 * edit * CM:4 *
2011
何年も何年も前、田舎に帰った時、友人とちょっと遠出して
漫画美術館を訪ねてきました。入場料をしっかり取るのだけど、ビックリする程の
漫画が一同に集められていて、この地の名誉市民だとかで、冨永一朗の
特設展示もあったりで、随分と気の入った美術館でした。

静かな山間の川沿いからちょっと入ったところにある美術館です。
■□■


とにかく、凄い量の漫画で、子供の頃、親しんだ馴染みのある作品も
端末を使って、簡単に検索できるし、漫画好きには、堪らない場所だろうなと
思いました。ちょっと地の利が悪いけど、環境的には、日本の田舎の原風景が
凝縮されたような場所で、ここからちょっと足を延ばすと、昔の町並みの残る
村もあったり、街中の生活とは全く違ったテンポで時間が過ぎる空間が
広がっています。


その美術館に、大昔、歴史で習った、鳥獣戯画の複製がガラスケースの中にあり、
レプリカとはいえ、写真以外で始めてみる絵巻物は、圧巻でした。
以来、折々に、是非、じっくりと手元で眺めてみたいとづっと思って
ヤホーを探したりしていたのですが、数年前、レサイクルガーデンという
お店の大塚工芸社の倒産落札品の一つらしいミニサイズのそれ(甲の巻)を
見付けました。

それがこれです。
11giga3611.jpg
小さいながら、桐箱に収まっています。




10giga3611.jpg
表装も本格的で、凝っていて、コロ印刷という技法での印刷で、
墨の濃淡も、筆先も、余す事なく再現されています。(と思う。。。
何しろ、実物は見た事ないので、、、( ̄ー ̄; )

15×567cmと、本当に小さな巻物ですが、そこには、ウサギや猿、狐などが
生き生きと描かれております。(和紙に印刷されていると云うべきか?!)


giga3611.jpg



4giga3611.jpg




3giga3611.jpg




6giga3611.jpg


雨が多かったこの冬、久々に先日出して、眺めて、凄いなと溜息をついて、、、
あぁ、虫干しせねばと思っている次第です。
ミニチュアのリプロとはいえ、私の宝物です。





スポンサーサイト
comment


おお~鳥獣戯画!!
歴史の時間に習ったころから、大昔にこんな洒落たことやる人がいるんだと感動し、大好きでしたわ。だからといってそれ以上追及はしませんでしたが。
こんな素晴らしいレプリカがあるのですね。うさやんの可愛いこと。
それにしても15cmって結構小さいものなんですね。
お宝、お宝です。素晴らしい。目の保養になりました。ありがたや。ありがたや。
---------- グリゼット [ 編集]* URL * 03/10, 10:16
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
---------- [ 編集]* * 03/10, 22:43

グリゼットさん♫

日本最古の漫画本というふれこみ?だからかどうか、思わぬお宝をド・田舎の漫画美術館で見たのは、運命? 一つ一つ見ていると、思わず、笑ってしまう様子とかあって、興味不快です。恐らく、当時の人の遊びもこんな感じだったのではないかと、想像もしたり、、、サイズは、巻物の「文庫本」版という処でしょうか。へへ
---------- ai [ 編集]* URL * 03/11, 00:29

22:43様、

インフォありがとうございます。この時代、本当に見事な複製が出来るようですね。
---------- ai [ 編集]* URL * 03/11, 00:32

comment writing












 管理者にだけ表示を許可する?

Copyright 2007 ガリバー日記 all rights reserved. Designed by from fm in blog. Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。