--
--
スポンサーサイト
written by ai * スポンサー広告 * edit * *
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11
30
消えたIsha?
written by ai * Doll * edit * CM:4 *
2008
最近、全く姿をみないIsha@FR. うちでは石井さんという名前でたまーに登場しますが、最後に見たのは、開店そうそう潰れそうなバーでのアルバイト姿。綺麗だけど、地味。ドレス次第でエキゾチックな美人に大変貌するけど、それでも、他のFR姐さん達より、づっと地味。(地味、地味言っていると余計に地味になって来そう。。。( ̄ー ̄; )


とまれ、昨日の大整理中に、これ叉、「えっ。。。( ̄_ ̄メ) 」と思って、即仕舞っていたCHパクリ疑惑のあるドレスを発見。短い半纏風のジャケットが黒なので、ひょっとして、ひょっとして、、、石井さんに合うかなと着せて見たら、、、


isha28-3.jpg


isha28.jpg


isha28-9.jpg


isha28-8.jpg

そう違和感ない(というか、後ろが全然閉まらないのに目を瞑れば。。。)感じでしょうか?後ろのお尻の上にティッシュを丸めて入れて膨らませています。これを入れると、後ろが綺麗に流れるような、、、

プラチナブロンドのジゼルより、サイズ的には合いませんが、石井さんの方が、コントラストが利いて、よく似合うかも。。。と、思ったりしております。


スポンサーサイト
11
30
Isha
written by ai * Doll * edit * CM:0 *
2008
11
29
二卵性双生児?
written by ai * Doll * edit * CM:2 *
2008
<ユノアの杏と琵琶>

先日届いたP工房さんの作務衣のうち、2点を着ている二人です。ゆきんこ帽子の杏嬢は、くるくるパーマのウィッグをしていたのだけど、少ししか髪の毛の部分が見えないのに、とてもおばちゃんぽい雰囲気になってしまい、どうしたものかと、モヘアのおカッパにしてみたら、少女らしい雰囲気になりました。琵琶ちゃんの方も、散切りおカッパ(by me)を被っています。角度によるとマトモに見えない事はないかも。。。

今日は、珍しく当地も寒い位の曇り日。こんな温かそうな作務衣や綿入れ帽子がちょっぴり羨ましいような。(嗚呼、、、「着ても似合わンだろう!!」という声が聞こえてきます。

似た感じの子供が、二人並んでいるだけで、『「お人形ごっこ」している二人で、人形ごっこしているような』気分になります。
へへ。

anzkarin.jpg


anzkarin6.jpg


anzkarin2.jpg


anzkarin9.jpg


anzkarin11.jpg


anz00.jpg
杏(しっかり者)


karin00.jpg
琵琶(甘えん坊)

という感じに顔の造型も違うのだけど、意外に、甘えん坊の方が、実社会では世渡りが上手だったりしますが、この双子ちゃんも、何となく、そんな気がします。




11
26
これで血圧が上がりました(○o●;)
written by ai * Doll * edit * CM:4 *
2008
昨日の夜、ラナセットを解体。で、アクセを外すのに往生し、更にそれをイーデンに装着するのに、ヒステリー寸前。。。やっと着せ替えを終わって、何気なく血圧を計ってみると、びっくりの150-100この数値を見て、余計に血圧が上がりそうでした。

イーデン嬢、ラナと同じ年とはいいませんが、それにしても、すっかり落ち着いて、ちょっと薹が立った教師風というか、未亡人というか、、、でも、こういう雰囲気は、かなーり好きなんです。


eden25-3.jpg

eden25-7.jpg

eden25-9.jpg

eden25-12.jpg

eden25-13.jpg

eden25-11.jpg

これから、解体される方に、はばかりながら忠告させていただくと、手袋の上にしているブレスレット、これが固いのなんの。。。力を入れ過ぎて壊してもいけないし、入れなければ開かない。。。で、爪がはがれるかと心配になる程、力を入れてやっと開きました。手袋は、真ん中のボタンが外れるようになっているので、装着が楽です。

ネックレスは、留が二つ付いているのですが、最初は大きな指でやっていましたが、一つ何とか留めて次に、、、と、やっているうちに折角留めた一つ目が外れる、、、の繰り返し。で、最後には、横着してはいけないと、ピンセットを持ち出してやっと完了。この着替えに30分以上かかりましたのでした。(溜息)

ちなみに、イーデンは胸がラナ程ないので、ジャケットの肩が少し落ち気味になりますが、改めてこのジャケットのデザインの凝っている事にびっくりです!!ウエストの上のダーツ2本、ポケット。背中の大きなV字の切り替え。素晴らしいカットです!!





11
24
本日の散歩
written by ai * 普通の日記 * edit * CM:4 *
2008
疲れました。

hd22.jpg
ぴっかぴかのハーレーデーヴィットソンが、マーケットの横に留めてありました。特にバイクファンでもないけど、余り綺麗なので、、、


hd22-2.jpg  hd22-4.jpg hd22-3.jpg
この真ん中の画像の家の庭がとても簡素でオシャレで、毎度と織る度にデジしたいと思いながら、カメラを忘れている。。。今日は、折角持っていたのに、犬に引っ張られて(言い訳)手ぶれ。。。この紫の小さい小さい花も儚げで、デジして、後で、庭師さんに、せめて名前でも聞いてみようと思いながら、やっと本日できました。

hd22-6.jpg hd22-9.jpg hd22-8.jpg
この通りを少し行くと、もぉそこは大通り。この処、その大通り沿いに大きなコンドミニアムが多手続きに建築中。

hd22-13.jpg hd22-10.jpg hd22-12.jpg
こじんまりしたカトリック教会があります。今日は出発が遅かったので、ミサも終わって、人もいないのだけど、日曜日午前中からお昼過ぎまでは、礼拝者でかなり賑わっています。


hd22-14.jpg hd22-15.jpg hd22-16.jpg
スターバックと並んで多くの店舗で展開中の珈琲ショップ。いつも人が一杯。外の座る場所が比較的広いので、犬連れの人も多く、この横を通る時は、毎度、犬が凄い引っ張るので、腕が抜けそうになります。右はバス停です。このガラスは宣伝が入るのですが、普段は映画とかファッショングッヅが多いけど、今は、珍しく、公共の宣伝でした。(宣伝ともいえないような、、、???)

hd22-17.jpg
毎度、土曜日、日曜部は、こんな具合で、犬3匹、亭主と比較的長い散歩をするのですが、まぁ、これが疲れる事。。。私は犬2匹担当。(5kgクラス2匹)亭主は1匹。(3kig強?怖くて計れない。。。(◎-◎;))。で、犬はあちこちに引っ張る、亭主は後ろから、あれこれと話しかける、今日などは、デジカメもするで、へろへろになりましたです。ま、好きでしているから、いいのだけど。。。








11
23
kimono? 着物?
written by ai * Doll * edit * CM:2 *
2008
手持の40cmサイズの着物を22子さんに着せてみました。色合いもあでやかで、模様が綺麗に散った、プードル工房さんの作品で、今まで菊ちゃん@Sherminが一番似合うと思っていました。普通ユノアに着せたかどうか記憶がない、、、という事は、余り似合わなかったのかな?

22co20-5.jpg

22co20-3.jpg
和風のウィッグと思い、6-7の菊ちゃんのデフォウィッグを乗せたのですが、これが、滑って滑って、、、(笑)サイズがあっても、黒髪というのは、顔に一筋ふた筋と掛かったのが、綺麗に出る場合と、だらしなく出る場合があって、難しいですワ。。。


22co20-2.jpg
この顔、この黒髪、、、昔、ケースに入った日本人形、、、あれを思い出すような細面。。。そぉいえば、あの手の人形は、最近では、殆どないのでしょうか?子供の頃、あのドール達が持つ小物に憧れました。(笠とか、扇子、鬘、その髪飾りなどなど。。。)

22co20-4.jpg
22子さんの手は、ユノア同様に、球体ドールとしては、際立って綺麗で、着物の雰囲気にあうような気がしますが、これも、巧く生かせてないのが、我ながらもどかしい。。。( ̄ー ̄;

*****
流石に、何度も滑って落ちるウィッグに些か疲れてしまい、主婦というか、昔のOL風にはなるけど、適正サイズ5-6のウィッグにすげ替えました。
*****
22co20-14.jpg

22co20-10.jpg

で、22子さんに着物は似合うかどうか、、、、

難しい所かも。。。というのが、肩幅は狭いので、撫肩風になり、これはプラス?一方、足が長く、顔がとても小さいので、きっちりと着物を着るより、洋服的に崩して来た方がいいのかなぁ、、、とも思ったりしました。腰の処には、ペーパータオル一枚を折って、ぐるぐる巻きにしています。

正直な感想を言うと、ドール着物とはいえ、このクラスの着物だと勿体ないと思うのですが、この22子さんには、着物を洋服の感覚というか、ガウンのように着せる方がいいのかも、、、と、思いましたのですが、、、、というのが、着物を着せるのに、袖を通すべく、肩にフワッと乗せた時は、「ありゃりゃりゃっ!!」と思いました。その瞬間、ドールが色っぽく、ウインクしたかと思いました。。。

しかし、何度見ても、この着物の素晴らしい事。。。この色合いに、まるでドール用?と思うような模様の取り方、豪華な半襟、締め色の重ね襟、艶やかな着物を引き締める地味色の帯、着物は着付けは勿論、知識もゼロに近い私があれこれ感想を言う事すらおこがましいのですが、実際に、こぉやって作品として出来上がったものを見せて貰う度に、「はぁ、、、、」と思わず長い感嘆の溜息をついてしまいます。
11
22
OL 22子 a la Mannequin
written by ai * Doll * edit * CM:0 *
2008
ぬぼーっと自立しただけの22子さんは、凄いメネキン風になってしまうと、しみじみ。
22co19-3.jpg

22co19-4.jpg

22co19-7.jpg
しかも、このウィッグ、ぴったりと合う5-6ですが(Kemper), 当たり前すぎるのか、益々マネキン度が高くなるような。。。余り仕事はできないけど、美人で気だての良いOLさん。。。???

22co1092.jpg

22co1901.jpg

22co1911.jpg

22co1915.jpg
ウィッグを羊毛に換えると、ちょっと華やかになるような。気だてはいいけど、仕事中、化粧直しにトイレに立つ回数が多いOL。。。???

(以上、ドレスは、タイラーのCapital Investment)
capitalinvestment.jpg
大好きな雰囲気のOFですが、タイラーが着ても、腰のところに皺がはいります。プーツは、勿論、履けないし、実物は、かなりお粗末。ブラウス(ボディスーツ)は、他のタイラーベーシックから借用。


22co1918.jpg
休日の22子さん。(ベアの帽子とマフラー。ニットワンピースは、ベイでユノア用に買ったのだけど、タイラー用だったので、手が入らず袖口が破れてしまった。。。(+。+)))

、、、それにしても、やっぱり、この犬のような黒目勝ちの目、、、これを何とかしなければと思うのだけど、頭の構造が普通ユノアと違って、やや複雑なので、怖くて触る勇気がまだない情態です。

プラス、このドールにして、初めて、ランジェリー姿で、じっくりと立たせてみたいと思いにかられます。兎に角、球体、ジョイントドールとしては、この接合部分が、驚異的に綺麗に処理されていて、下着を付けると、体の部分の継ぎ目が綺麗に隠れます。逆に、この辺り、好みが別れところでしょうが。。。



11
21
年を取ると、、、
written by ai * 普通の日記 * edit * CM:2 *
2008


涙脆くなってしまうようで。。。

昨日も、日課の犬の散歩に近くの公園を歩いていたら、黄色いスクールバスが2台停まっているのが目に入った。で、更に進んで、遊園地の所に来ると、車いすの子供の集団が、、、

大きな明るい色の布を広げているので、そこに皆で座るのか?と、暫し立ち止まってみる事にした。

車いすを押しているのは、ボランティアなのだろうか、椅子に座っている子達とほぼ同年代の小学生達。付き添いの大人らしき人はほんの数人。椅子一台に2人付いていたりもする。

で、その大きな畳10畳ぐらいある布だけど、どうやら、それをパラシュートと見立てているようだ。手の空いている子供が端を持ち、大人の賑やかなかけ声とともに、上に持ち上げる、、、すると、その大きな布がふわっと上に広がって丁度パラシュートが空中から落ちて来るように、円を描く。

そこに、車いすの子供達を押して、わーーーっと大声を上げながら皆が入って行く、で、その布がフラットになる前に、叉、そこから出るという、、、これ以上ない単純な遊び。それを何度も繰り返して、その都度、大きなキラキラする声が聞こえるのだ。

車いすに座っている子供の表情こそ殆どないのだけど、側の子供達や大人の顔が、本当に嬉しそうで、くっきりした色を縫い付けて作った’パラシュイート’とともに、その周辺は別世界のように明るくて、楽しそうで、空気まで透き通っているよう、、、

傍で、遊んでいる遊園地の常連さんの幼い子や、シッターさんも、皆、にこにこしながら見ていた。

そして、それを見ている私は、勿論、哀しい訳でも、悔しい訳でもない、嬉しいというのでもない、感動という程の激しいものでもない、けど、ふっと涙してしまった。

デジカメを持ってなかったのが悔やまれる。画像は去年の今頃の公園。。。
5park.jpg

11
18
Queen V
written by ai * Doll * edit * CM:12 *
2008
綺麗なメークです。白塗り京劇風ではないけど、肌色もほんのりピンクの色白肌でとてもたおやかで、上品な印象です。
0V1.jpg


V9.jpg


V3.jpg


V8.jpg






でもっ!!

プロトタイプと違い過ぎる!!!

何度も何度も延期になり、その間に期待が昂り過ぎたというのもあるのでしょうが、それとプロトタイプ自体が、画像処理されていたという事もあって、実際のドールを見ると、顔色ばかりでなく、エリザベスカラーにしても、レース目は大き過ぎるし、ドレスの絹ジャガードも薄過ぎて(裏が付いてはいるけど)皺が出やすい、既に皺が出ているし、
Vfabric.jpg
(模様を出すためにコントラストと彩度を上げています。)

Vbeads.jpg
胸元のビーズも、凝っているようなのだけど、色目のせいか、安っぽくみえる、、、

などなど、正直、これほど、がっかりしたFRも珍しいかも。。。


靴は2足。
Vshoes.jpg
一足は、16世紀風で、可愛いのだけど、ビニール製で、よく見ると、これ叉、安っぽい。


Vshoes2.jpg
もぉ一足の方も、どこかで見たデザイン。そうです、イーデン嬢が履いていた赤い靴とそっくりのデザイン。敢えて、凝りが見えるのは、横に付いているひらひら。

実実用面からいえば、TRの絹シューズなどよりは、豪華さには劣るけど、脱げにくそうという利点はあるかもわかりません。

アクセサリーは豪華に見えるものの、FRのドレスドールのスタンダードからすると、群を抜いているとも思えないです。(画像なし。撮る気にもならなかったというのが本音)

V10.jpg
付属のランジェリー。これもあっさりとして、すっきりデザインで、個人的には好きですが、TRのように、見ても楽しめるという凝りはない。。。

、、、、とまぁ、メークの綺麗さ以外には、珍しく、FRでがっかりしたのですが、もし、もし、もし、、、このドールセットが200ドル前後であれば、あぁそうですかと納得するとは思います。

しかし、現実は約2倍。うーーん。。。。

ごめんね、Integrity、、、交換ボディは有り難かったのに、今回は悪口ばっかりで、、、

しかし、弁護する訳じゃないけど、、、


誰もが一様にメークの綺麗さを讃えているばかりでなく、
・プロモ画像がこの肌色だったら、買っていたのに、、、残念。。。
・E・カラーのレースも問題なし
・ドレスも豪華
などなど、賞賛する人も多いという事も付け加えておきます。




11
17
momoko vs FR(Nu A)
written by ai * Doll * edit * CM:2 *
2008 bod1.jpg 初めて、しみじみとこの二つのボディを見たのですが、桃子もなかなか綺麗です。
bod2.jpg
bod3.jpg 横から見ると、どちらも立体的。FRh、足の付け根部分が2ndとそっくり。
bod04.jpg
bod06.jpg
bod07.jpg 残念ながら、どちらも、足はそんなあがりません。
bod05.jpg これは、肩肘を後ろに充てて支えています。
bod01.jpg 別にヘンな画像ではありません。肌色が随分と違って見えるけど、これは屋内で、フラッシュのせいかも。FRのこの肌色は屋内フラッシュだと、とても不健康に見えます。桃子は、一方、綺麗な薄いピンク。恐らく、女王はこんな肌色ではないかと想像。
momo-bod.jpg 桃子ヘッド+FRbodyで、交換用のタイツに、TRの上着。リリスのブーツ(これを履くと、膝が曲がらない。。。)
momo-bod3.jpg 桃子ボディ、小柄ですが、バランス良くて、そんな痩せっぽちのもやしっ子ではないと思います。(これはセキグチ桃子なり)
11
16
ユノア2ndとタイラーの比較(ドールヌードばかり。。。(○o●;) )
written by ai * Doll * edit * CM:14 *
2008
22co-tyler22.jpg


22co66.jpg


22co-33.jpg


22co55.jpg

**比較に利用してりるシドニー(タイラー系)は、膝、足の付け根、腰、胸、首、腕、肘、手首と可動ポイントがあります。が、首の可動範囲は、2ndと比べると、かなり制限あり。



11
16
22子と22於??
written by ai * Doll * edit * CM:0 *
2008


タイラーとの違いを、デジしようと、両者立った状態でデジしようと、試みたのですが、体の作りが、違い過ぎて、これがとても難しい。(タイラー平面的、ユノア、立体的)

で、途中で諦めたのて、「何となく」の画像を撮りました。
22co05.jpg


22co04.jpg


22co02.jpg


22co01.jpg


*****

セットにヘッドが別途付属しているのですが、デフォの犬のような黒目がちの目が今一つ好みでないので、この付属ヘッドで、簡単メーくに、小さめの目を入れてみました。(目を入れる部分は、結構複雑というか、決まったサイズの目しか入れられません!見たいな設定になっているのだけど、少し削って、強引に粘土止めにしているのですが、果たして、この状態で、ヘッドをすげ替えることができるかどうか、、、従来のユノアと違って、顔だけがかぱっと外れる仕様になっていません。


22o5.jpg

ni22o3.jpg

ninio67.jpg
少年のような顔になっています。目もまだいびつ。けど、こんな下手っぴメークでも、お腹を抱えて笑い転げる程酷くならないというのは、一重に造型が勝れているからだろうと、又また感激しております。



11
16
お名前は22子(@_@;)
written by ai * Doll * edit * CM:4 *
2008
又々安易な名前の付け方になりましたが、これだと馴染みもあるお名前なので、忘れる事もなかろうと。。。

222co.jpg
本当に綺麗な足先です。これはドールなどでなく、ミニ彫刻に近いかも。。。
(*左足がすこーーしびみょーーに大きいのか、付属のヒール底がパチッと嵌まらないので、輪ゴム留めですが、自立には問題なし。ユノア以上にお見事な自立を見せてくれます。)

で、タイラー系のブレンダースターが着ていたジャガードスーツ、、、これはアウトフィットに惚れ込んで買ったのですが、22子さんが到着するのが分ってから、絶対にこれを着てもらおうと手ぐすね引いて待っておりました。

722co.jpg
(*ウィッグは本来なら5-6サイズのところ、手近にあった羊毛の6-7を「乗せて」います。)

1022co.jpg
この2ndは、これがデフォメークですが、三白眼っぽいのが好きな私の好みからすると黒目がデカ過ぎるのが残念。メークは大人しいけど、やっぱり、錬金工房さんらしいというか、ユノアらしいメーク。どちらかというと和風的洋風?かも。

藤田ミラノが描く少女・お姉さん(「お姐さん」ではない!)に、雰囲気がにています。)
http://www.umi-neko.com/2007/koba/koba.htm

1222co.jpg

1622co.jpg

1822co.jpg

2022co.jpg
本来ならば、ちょっとレトロな豪華スーツって事なんですが、何だか妙。。。はい、仏さんぽいというか、袈裟っぽいというか、極楽っぽいというか、、、



2422co.jpg
という事で、和の仏壇?っぽい雰囲気も少し漂う(かも分らない)箪笥にちょこっと立ってもらいました。見方によれば、高級感溢れるスーツ、、、にも見えなくはないと、、、ちょっと昔の君島スーツを来た銀座のおねーさんっぽいような。。。?

2522co.jpg
ウィッグを大人しいショートに替えて、付属の帽子(笠というベキ?)を着せてみたら、、、この微笑み顔もあってか、すこしお地蔵さんっぽい感じ?

いずれにしても、ありがたーーい雰囲気ではないでしょうか?

しかし、、、

2722co.jpg
スカートと上着を脱ぐと、この通り、、、誂えたようにピッタリのボディースーツ。お似合いです。

当分、22子祭りが続きそうです。



11
15
嬉しい届きもの、、、
written by ai * Doll * edit * CM:2 *
2008
昨日、可愛い和布を使った小物やドールのアウトフィットが届きました。

いつもドールの着物をお願いしているプードル工房さんに、今回は、叉、無理なお願いをしてドール用の作務衣を縫っていただきました。先々月だったか、サンップル生地を見せてもらった時、ドールには大き過ぎる模様だけど、何とも可愛らしい猫柄の銘仙を見せて貰い、「これで小さいバッグとか作ったら、可愛いだろうねぇ。。。」みたいな話しをしたのですが、嬉しい事に、「あいよっ!」と、出来たバックがこれ。。。

wafu.jpgパッケージに使われている猫シールも和布。心憎いばかり。

wafu3.jpg
どうです?この素朴でユーモラスな折柄。凄い技術でしょうに、今はこの銘仙がないのは、凄い残念です。白色電球の下で撮っているので、黄色がかっていますが、シルバーグレーの絹地に模様があります。


wafu5.jpg
表のふたの部分に付いている飾りは、金魚。瑪瑙(メノウ)みたいで多いに恐縮しました。


wafu4.jpg
裏地は綺麗な血赤のしっかりした布。しっかりと裏ばりもして頂いていて、型くずれもしにくい作りになっています。そして、内側にも、猫模様が。

wafu6.jpg
で、外側の隅にも、猫模様。

犬派といえども、この可愛さには脱帽!!!

見ているだけで、嬉しくなるような作品です。

さて、これがユノア用の作務衣なりです。これ叉、本当に丁寧に作って頂いており、これがドールのもの???という程、細部にまで拘って縫って下さっております。裏地にも、えんじ色の絹という上等な作務衣。表生地はよろけ縞というそうです。
(訂正:11/20、このよろけ縞は、大島紬に非ずというご連絡を貰いました。。。早とちり申し訳なりです。m(_ _)m)


wafu7.jpg

wafu8.jpg
私の持っている安物の作務衣とは比較にすらなりません。。。 ユノアが羨ましくさえあります。

本当に感謝・感謝です。

**この他、作務衣2種、赤い可愛いおべべが届きました。目下、ドールが着用中。**


















11
14
☆☆☆Unoa 2nd☆☆☆
written by ai * Doll * edit * CM:4 *
2008
所謂ファッションドールの43cmドール、Unoa 2ndです。色々なところで言われていますが、従来のユノアとは全く趣を異にしていて、バランス的にとても綺麗なドールで、本日、登場して、箱を開けたときには、息をのみました。このクラスのファッションドールのタイラーより、更に、足が長く、顔が小さい!!

付属でヒールが付いているのですが、それを付けると、自立もするし、足のと首の秀逸な可動性、手の表情の綺麗さなど、色々なニュアンスが出るドールです。

タイラーのドレスなどは、問題なく着る事ができます。(但し、パンツは足が2cm強長いので無理です。)手がタイラーより大きいので、袖口を心配していましたが、きついけど、何とか、大丈夫。靴は、他のドールとの互換性はどうなんでしょ。少なくとも、タイラーは駄目です。

***
182nd.jpg
***




今日は、叉、プードル工房さんに無理をお願いしてユノア用の作務衣を作って頂いていたのも届き、2nd用ではないのですが、モデルをしてもらいました。

以下、似たような画像ばかりですが、微笑んだような表情で、FRやタイラー程、挑むような感じがなく、平凡なaOutfitも、個性的なOutfitも、着物でも着こなせそうな雰囲気です。


samue.jpg
これだと、男性にも見えますねぇ。(+。+)

9samue.jpg


10samue.jpg


samue3.jpg


8samue.jpg


11samue.jpg


5samue.jpg


12samue.jpg


13samue.jpg


14samue.jpg


以下、21歳未満お断り(ドールとはいえ、ヌードあり。(*0*;))
11
13
ドールで小話。。。
written by ai * Doll * edit * CM:0 *
2008
あちこちのブログやサイトで、上手にお人形で物語を作っているのを、いつも楽しみに、そして感心しながら見せて貰っているのだけど、真似しようと思って、折々に挑戦するも、ドールを一体以上扱うというのがとても困難で、すぐに音を上げてしまします。

うちに来てから、殆ど構っていない秘密工房の子がいるのが、づっと気になっていて、何とか馴染めないかなぁと思いながら、昨日も、ユノアと並べて、あれこれデジしてみるも、横着するので、どれもピンと来ない。。。(ノ_・。) 眠気醒しという動機がそもそも不純ですわねぇ。(○o●;)

二人で、お話しているような具合に持って行きたいのだけど、これがなかなか、、、辛うじて、この一枚かなぁ。。。この僕ちゃんには、まだウィッグも調達してないのですわ。(ごめんねー。。。)

*****
2karinpoppo.jpg
*****

何と、そのウィッグが翌日の今日、到着。さっそく、ポッポちゃんと、花梨ちゃんに新しいウィッグで、記念?撮影。(眠気醒しではありません!)

2karinpoppo12.jpg


9karinpoppo12.jpg


poppox1.jpg

***
比較的、自立をしっかりするドール2体ですが、それでも、バランスを適当に取りながらでないと、ストンとひっくり返ってしまいます。皆上手に設定を拵えて、ドールを2体、3体と並べてデジカメしているようですが、これ自体凄い技術だと思いますわ。




11
12
モニタースタジオ
written by ai * Doll * edit * CM:17 *
2008
昨日は、前夜熟睡したせいか、日中、夕方は眠気もなしで、やっと睡眠不足も解消したかと思っていたら、夜8時頃、猛烈な眠気が。。。で、これはイカンと思って、ちょこっと片付けものをしたりしたものの、それが一段落すると叉眠い、、、で、ケーブルを点けると、前、竹子さんが話していた"Hannibal Rising"が丁度始ったところ。。。なかなかスタイリッシュで、画面も綺麗、、、で、暫く見ていたのだけど、これが、まぁ、なんというか、レクターを演じる俳優さんが美形ではあるけど、言葉がはっきりしない、プラス、テンポが恐ろしく悪い、説得力のない作品で、益々眠くなってしまい、そこで、叉、モニタースタジオです。

全く時代背景の違うファッションで、訳ワカラン状態の二人。ま、ハロウィーン’09の仮装検討中とおいう事で、、、

***
twin119.jpg


2twin1110.jpg


11twin1110.jpg


8twin1110.jpg

。。。しかし、どう見ても、20代初めの双子さんには見えない。

並んでみると、リリス嬢の方が、やっぱり、心根が良さそうに見えますわねぇ。で、リリスさん、睫毛が揃ってないせいか、右側とから撮ると、wonky eyesに見えて、それで、少しキツさが消えるのかなとも思ったり。。。

しかし、メークのちょっとした違いの妙がよーく出ていて凄いです。(溜息)


11
11
秋の夜長
written by ai * Doll * edit * CM:8 *
2008
やっと気温が下がって、昨日などは、日中も風があり肌寒い位で、秋らしい日を過ごしているのはいいのだけど、、、、今までの睡眠不足が祟って?いるのか、すぐに眠くなってしまいます。テレビなど見ていると、はっと気がついたら、お話が進行しているという有様。。。

昨日もネットで、さる番組を見ているうちに、堪らなく眠くなってしまいました。で、これは駄目駄目、、、と、そこで、手近な人形遊びです。

***

8lil119.jpg
何を見ていたか直ぐにバレてしまいそうです。。。

2lil119.jpg

4lil119.jpg

3lil119.jpg
ここまでアップにすると、やっぱり下睫毛が気になってしまう、、、
でも、首の筋が綺麗。。。。

9lil119.jpg

赤いバビドレスも似合うイーデン嬢でしたが、misakiのグラフィック?のセットも、お似合い。忍者セットにミニの格子のショートは、大好きなのですが(色移りもしないし)FR系のお姐さんやお嬢さんに着せたのは初めて。名前のEdenから察すると、楽園の天使?とでも言う設定なのでしょうが、意外や!!このお嬢さんは、うちでは、嵐を呼ぶ筈のリリス嬢より冷たそうに見えてしまうのですが、、、

***

「綺麗だなぁーー」、と独り言を言いながら編集しているうちに眠気はなくなりました。




11
10
相性診断
written by ai * Doll * edit * CM:0 *
2008


ドールに色々と可愛い小物を持たせてみたいと思うものの、片手にドール、片手にカメラという状況で、上手い具合に行きません。SDサイズなど、夢の叉、夢です。年、体の割には、体力はあると思うのだけど、これって、体力の問題よりは、工夫の問題でしょうかねぇ。上手い具合に行きません。

3kairn119.jpg


2karin119.jpg


4karin119.jpg


8karin119.jpg


14karin119.jpg

11
09
衣替え-2-
written by ai * Doll * edit * CM:2 *
2008

こちらも、コーディが、??な感じですが、どこかの誰かのご参考にでもなれば、、、

着用しているのは、タイラーのニットワンピース(ちなみに、これに付属しているコート、素敵なのですが、さすがに手が入らなかったのが、凄い残念。。。)と、コートは、MAのアレックス用のもの。どちらも、綺麗な出来のアウトフィットです。アレックスの物は、これが初めてでしたが、袖口をゆったりと作っているので、ユノアの大きな手も、楽々と通りました。

ちなみにこちらのルシス顔のユノアは、まだ、笑ってくれません。(◎-◎;)ヾ(・ε・。)

4biwa117.jpg


7biwa117.jpg


2biwa117.jpg

5biwa117.jpg


20biwa117.jpg


26biwa117.jpg

、、しかし、この睫毛、、、縄のれんだわ。。。(溜息)
11
08
時期外れ、、、
written by ai * Doll * edit * CM:4 *
2008
あの世からコンニチワ。。。( ̄ii ̄)

相思相愛の二人。。。


2poe116.jpg


005poe116.jpg



6poe116.jpg

3poe116.jpg





11
07
魂消た!!
written by ai * Doll * edit * CM:14 *
2008
HDを読んだ時は、まさか???!!!と思い、あちこちコンベンションの画像とか見ても、特にそれを取り上げてるのも見なかったし、言及している人も居なかったように思うのだけど、やっぱり、指が動くのだーー!!


11
07
貫禄負け
written by ai * Doll * edit * CM:4 *
2008
やっぱりというか、さすがというか、呆然とするほど、貫禄があり、溜息が出てしまうラナ。(仕方ないとはいえ、このケープというかショールの毛波はう~ん、、、という感じかもですねぇ。。。)

2lanalil115.jpg



lanalil115.jpg


5lanalil115.jpg



実は、先日、Keira Knightley 主演の 「 The Dutchess」という作品を見たのですが、作品の良さもですが、中で登場するヘア(とヘア飾り)、衣装、セットの豪華さ、息を飲むようでした。

True Royaltyのあのヘア、、、まさに、山高頭が一杯!!ただし、ドレスは、肩を出すようなタイプのものは、少なくとも、映画の中の18世紀のイギリスの社交界で着る女性は居なかったようで。。。ヘアスタイルは、ウィッグが男女ともに、上流ではデフォだったのでしょうか、チリチリパーマの大きな頭のウィッグ、なども付けてたのが印象的。羽が飾りの大きなポイントを占めていたのも、映画で再認識。(庶民は、くしゃくしゃの頭を結い上げていたような印象ですけど。。。)

そんな事から、あの18世紀風味一杯の白黒のバービードレスに思いが至り、そぅいえば、これなら、帽子もあるし、リリス嬢にもいいかも。。。なぜ、こんな事を今まで思いつかなかったのだろうと、着せて見た次第です。このドレスは、FR, Barbie, Misakiにも似合う不思議なドレスで、写真写りも良くて重宝します。

11
05
馬子ー衣装?
written by ai * Doll * edit * CM:8 *
2008
バタバタしてます。そんな折に、ちょこっとLDDや、FRのドレスが到着。


3lily-dress114.jpg


2lily-dress114.jpg


lily-dress114.jpg

ビンボ&不幸せには見えないと思うけど、やっぱり老けて見える。。。( ̄ii ̄)



11
05
誤算
written by ai * Doll * edit * CM:3 *
2008
Living Dead Doll、、、実に久々に先日覗いたのですが、このカップルに、思わず、ぷっ!と吹き出してしまい、チャップリンかと思っていたのが、何と(というか、LDDのラインナップなので、チャップリンである事は先ず考えられないのに)エドガー・アラン・ポーとアナベル・リーで、再度、大爆笑となり、これは、久々、どうしても我が家にお迎えせねば。。。と、購入。

珍しく、飛ぶように早く到着。

で、大笑いを期待して、箱を開けたのですが、笑うどころか、なぜかしんみりしてしまいました。薄らと鬼の目に涙まで。。。((○o●;) )

LDDに馴染みのある人なら、ご存知のように、このドールのラインは結構グロなのですが、それをお茶目なオブラートに包んで、キュートにしているというのが多いのに、これは、血も流してないし、脳みそも見えない(( ̄ii ̄))、、、目もポーさんの方はギョロ目というだけで、充血すらしてない。リップなど艶まであるし、顔色もピンク。一方のアナベルも、寒さに震えているせいか(笑)唇がブルーなのに、何でしょう、この穏やかーな表情。

この2体が合い寄り添って並んでいる姿は、信頼で結ばれているカップルを見る心地よさというか、深読みしすぎかとも思うのだけど、何とも言えない良いムードが漂っているのですわ。

正直、見る前は、チョカチャカーーっとデジカメしながら、一人で笑ってしまうだろうなぁと想像してたのに、何だか、良い加減にこの二人を扱ってはいけないようなオーラが。。。(@_@;)

私が変なんだろうか。。。それとも、不思議なポーの世界に幻惑されているのかと、目下自問中。ヾ(・ε・。)

そうはいいつつ、下記は、良い加減に撮った、数枚。途中で、こんな事ではいけない!と日を改める事にしました。

2poelee.jpg

3poelee.jpg

poelee.jpg

参考:
http://ja.wikipedia.org/wiki/アナベル・リー

ちなみに、LDDから遠ざかって、数年になるのですが、ドールの質自体、向上したような気が。。。



11
02
ちょっとだけ秋
written by ai * Doll * edit * CM:4 *
2008
11月になったというのに、相変わらず暑い日が続いております。

naji31.jpg
さすがに、紫陽花も直径10cm程のミニチュアサイズの花しか咲かせません。。。

2nbw31.jpg
例年より長くはびこって?いる俗称、Bottle Washer?


4ntree31.jpg


nleaves31.jpg
かさかさに乾いておちている蔦の葉っぱ。例年は、もっと赤くなるのに、、、


n31.jpg


3nleaf31.jpg


2nleaf31.jpg


6n-nn31.jpg
物思いに耽る、我が家の豚児。。。実は、、、



nsc31.jpg
リスにからかわれていたのでした。。。



11
01
えこひいき?
written by ai * Doll * edit * CM:6 *
2008
する都盛は全くないのですが、どうも、判官びいきというか、哀れさを誘う(と勝手に自分が思っているだけなのに。。。(@_@;))子というのは、ついつい構ってしまうようで、双子という設定だから、公平に扱わないと可哀相かも、、、と、小心者は思うのですが、これが、なかなか、、、

どこかの誰かさんも、やっぱり同様らしく(へへ。。。)勝ち気そうなイーデン嬢より、何かか気弱な印象のリリス嬢の登場が多いようで、いづこも同じ?と苦笑する次第です。

、、、ところが、先日、白い毛皮?(多分、ブライスのだと思う)を発見!これはこれは、まさに、イーデン様にピッタリかも?と、丁度、バビの赤いドレスを着ていたイーデンに巻き付けると、なかなかよくお似合いではありませんか、、、(^ー+^)

しかし、何枚かデジしたら、まるでクリスマスのようになってしまいました。

3eden30.jpg
肌に透明感があるせいか、白い毛を側に持ってくると、肌の質感がより綺麗に見えるような気がします。

2eden30.jpg


02eden30.jpg


00eden30.jpg


あらら、画像を並べて気がついたら、全体に右寄りになっておりますた。(@_@;)良い訳すると、左手にドールを持って、右手で、デジしているので、一回一回エーリアモードを変更するのが面倒で、こんな具合になってしまったという次第なりです。
ヾ(・ε・。)








Copyright 2007 ガリバー日記 all rights reserved. Designed by from fm in blog. Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。