--
--
スポンサーサイト
written by ai * スポンサー広告 * edit * *
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08
30
塩子
written by ai * 写真 * edit * CM:2 *
2007
shio29-11.jpg

shio29-12.jpg

shio29-14.jpg

shio29-15.jpg


塩子嬢、Apple of SoulDoll, Pat's Tibetian lamb wigに、ブティックCocoのトップとパンツ。(YOMO用ではあったのですが、アップル嬢にも、問題なく少しゆとりを持って着せられて重宝しています。この赤のシェードがとても元気が出ます。)
スポンサーサイト
08
29
椒胡さんのクリスマス、、、え?!
written by ai * Doll/Photo * edit * CM:0 *
2007 苦肉の策というか、、、、

去年の年末、クリスマスベア(お着替ええセット付き)を買っていたのだけど、着せ替えする暇もなく、そのままになっていたのをを、片づけようとして、ふと思い付いて、椒胡さんに着せてみたら、、、、

勿論、後ろから見ると、どうしようもないのだけど、前からだど、そうわるくない。特に帽子、、、後ろでサイズダウンして、ピンで留めてはいるけど、なんか、似合うような、、、

襟も抜き襟風になって(単にでかすぎるって事かな)ちょっとお洒落な感じ?(でもないか?!)

しかし、今の時期、やっぱり、暑苦しいっていうか、季節はずれも甚だしい。。。

折角なので、今年のクリスマスカードまで作ってしまっただす。

ま、こんな感じです。。。。

b-koshou4.jpg

b-koshou2.jpg

b-koshou8.jpg

b-koshou7.jpg

。。。で、全身像、、、

bear-koshou.jpg

足がゴボウのように細い、、、うらやましい、、、

うーーん、ちょっと画像が汚いか、、、
08
28
椒胡の正面(?)
written by ai * Doll/Photo * edit * CM:0 *
2007 椒胡さんの正面からの顔が、ちょっと好みから外れるというか、横からとか、斜め横からとはかなり違った印象のきつい顔になるのが、気になって気になって、、、なんとか、涼しげな感じにならないかと、試みてはみたのですが、、、一番、涼しげな顔をしているのは、椒胡さん本人というか、、、人がなんと思うが、どうしようが、自分は自分で結構です、、、という自分の世界に浸っている感じに見えます。暑い思いをしたのは、私だけだったようで、、、

SHOUKO27.jpg


5SHOUKO27.jpg


9SHOUKO27.jpg


6KOSHOU27.jpg

08
27
Wig-椒胡-
written by ai * 写真 * edit * CM:11 *
2007
2shouko-up26.jpg

SD13デフォのさらさらおさま姫カットのウィッグ

5shouko-out.jpg


******
おまけ

pp-shouko.jpg

SD用に買って殆ど使ってなかったウィッグ。何だか、これも、やり手姐さんみたに見えるような、、、
08
26
赤毛
written by ai * 写真 * edit * CM:5 *
2007
800kosho-2.jpg

08
26
きもの-胡椒-
written by ai * 写真 * edit * CM:8 *
2007
700-koshou.jpg

08
25
登場-APPLE-
written by ai * Doll * edit * CM:4 *
2007 USEDのアップルドール@SOULDOLLをベイで購入したのが、本日到着しました。おまけ?に、パンクドレス一式、ウィッグ3つ、ブーツ一足、スカート1着と、全くパンク趣味はないのだけど、これも数の内。

ドールは、殆ど、遊んでいない状態みたいでした。

こちらは、HYEより、親しみ易い顔で、とっても可愛い。COCOちゃん処で、COCOちゃん色に染まった上品で、華のあるリンゴ嬢を見ていたので、近づきにくいかなとも心配してましたが、なんのなんの、がさつな内に来たせいかどうか、それとも、グーグリ目になっているせいか、ちょっとおきゃんな感じで、庶民的です。


shio-10.jpg


shio-11.jpg


shio-12.jpg

、、、処で、二人の名前を考えていたのですが、余りややこしい名前を付けるとすぐに忘れてしまうので、

HYE・・・・・胡椒(しょうこ)
APPLE・・・・塩(しおこ)

、、、と、しようと思っています。

続く、、、
08
24
登場-Hye-
written by ai * Doll * edit * CM:9 *
2007 20日にSoulDollから、郵便局へ、、、で、21日に韓国から出発、昨日、到着して、通関して、23日に到着。EMSの方が国内のpriority mailよりは早いような気がします。

前回、今日と、EMSの荷物は、別途、見た事のない人が通常の配送とは別に配達してくれました。最近、郵便局のサービス内容が大幅に変わったのですが、EMSに関しては、向上したのでしょうか。

丁寧な梱包のshipper boxの中には、可愛い模様の簡易箱ではあったけど、保護クッション(布団)にサンドイッチされたHyeさんが横たわっていました。

hye2.jpg
届く前に、あちこちで、がっかりするような画像をを見たり、はたまた、「ほぉぉおお」と溜息が出るようなのを見たりで、届いた時点では、期待もすっかり微妙に中途半端なモノになっていましたが、箱の中の顔を見た時には、ほっと安堵の溜息。が、頬紅が濃いのが、ちょっと、好みとは違っておりましたです。
hye3.jpg




で、早速に一緒に購入したドレスを着せてみたのですが、このドレスは予想以上に丁寧な出来で、レースも程良い上品さ。特に靴が可愛いくて、綺麗なできでした。頭のかぶり物は、画像で見ると、一個と思ってましたが、キャップと帽子の二つからの構成になっておりました。
hye9.jpg

hye10.jpg

メークは、チークが、やや濃すぎる気がするけど、全体に、綺麗で丁寧です。特に目は、全開というよりも、3/4開きという感じです。

hye7.jpg

hye8.jpg


さて、、、(ヌード画像あり)
08
20
涼風が欲しい。。。
written by ai * Doll * edit * CM:6 *
2007 気持ちが悪くなる程、暑いです。杏嬢の浴衣も涼しそうでいいのだけど、勿体ないので(爆)、今日はすっきりと夏のカジュアルウエアに着替えました。涼しそうな杏嬢の顔でも見てたら涼しくなるかと思ったけど、ぃやぃや、外でのデジカメは暑いのなんのって、、、

5anz_500.jpg

7anz_500.jpg

9anz_500.jpg

11anz_500.jpg




08
18
青いKIMONO(添付画像大)
written by ai * Doll * edit * CM:4 *
2007 ...とローマ表記をしたのですが、思わず、そうしたくなるような雰囲気の着物が、ユノア用の浴衣とともに届いていたのです。

柄、色、雰囲気はちょっとレトロなのに、なぜか、とてもエキゾチックで、洋風な感じが漂っています。襟元の模様合わせとか青空を思わせるような着物の裏地など、驚くような配置、配色で、素人目ながらですが、目に入る風景は息を飲むほど、素晴らしいのです。

で、本来はユノア用という事で、送って頂いたのでしょうけど、これをやや小柄で、美人すぎて、ついつい敬遠しているシャルミンに着てもらったのですが、凄いですね~。美人というのは、これ程までに綺麗な着物を着ると、見事に生き返るのですね。家のユノア嬢は、ちょっと少年ぽいというか中性っぽいのですが、こちらでは、この、研ぎ澄まされたような雰囲気は出ないような気もしたりします。で、ちょっとはかなげで、色っぽい感じも漂ってたり、、、(自画自賛か?)

丁度、夕暮れ時、暑いので、光も強烈なのですが、されど、夕暮れ時独特の陰影も出て、今までで一番、この菊ちゃん@シャルミンが綺麗に見えたような気がします。何よりも、菊ちゃんの顔が、まるで、人生のいろはを知っている中年女性の如くに見えるのが面白いです。(、、、って、一体、このシャルミンって、どういう設定なのやら。来た時は妖精風味にとんがり耳や、スケスケのOFTと一緒だったのですが。。。)

kiku_kimono.jpg

2kiku_kiomono.jpg

3kiku_kimono.jpg

4kiku_kimono.jpg

5kiku_kimono.jpg

6kiku_kimono.jpg

8kiku_kimono.jpg

08
17
浴衣
written by ai * Doll * edit * CM:3 *
2007 いつも着物ではご厚意に甘えているプードル工房さんから、念願の浴衣が届きました。

浴衣といえば、白地に紺色で、竹の模様、、、みたいなのとか、白地に赤い金魚、、、みたいなのをイメージしてたのですが、なんと、この浴衣は総絞り。お仕立て前に、生地は「藤娘き・・・」さんという絞りの老舗のものを使うというのを聞いてはいたのですが、ネットで見た生地も素晴らしいのですが、手元で、その感触とともに、できあがりでみると、「こ、こ、これが、浴衣ぁあああ???!!!」という驚きの逸品で、しばし呆然としてしまいました。大げさにいうと、日本の職人技術の底力を見た思いです。

加えて、プードル工房さんの、いつもながらの隅々まで行き届いた綺麗な縫い上がり!!小さいドールなのに、模様が綺麗に出る仕立て上がりなのです。帯はピンクと赤のすごきが2本。どちらも、浴衣にぴったりの色と雰囲気。

。。。と、驚きと興奮のままに、下手っぴーな着付けで、とにかく、夢中で、デジカメしたのですが、後で、おなか周りが浮いてしまってへん!!だと気づきました。人間同様、ドールもウエストが細いものは、何か巻いて帯びを結んだ方が、しっかりと固定するみたいです。

yukata4.jpg

yukata6.jpg

yukata5.jpg

yukata7.jpg

yukata8.jpg

yukata9.jpg

yukata10.jpg


着付けは別として、杏嬢も、嬉しそうな顔に見えません?
08
16
待ち人来たらず、、、
written by ai * Doll * edit * CM:2 *
2007 ドキドキしながら、待っているユノアの浴衣。。。昨日から、ヘアスタイルを整えて待っているのだけど、まだきましぇん。。。

3anz0814.jpg

4anz0815.jpg

5anz7000815.jpg


明日はきっと、来るに違いないと、、、
08
15
海の家 -ルームボックス-
written by ai * Doll * edit * CM:2 *
2007

cottage_sea.jpg

cottage_sea2.jpg

cottage_sea3.jpg

cottage_sea4.jpg

cottage_sea6.jpg

08
14
バレー教室  -ルームボックス-
written by ai * Doll * edit * CM:0 *
2007
balllet1.jpg

2ballet.jpg

5ballet.jpg

ballet6.jpg

08
13
少年A&A-、、、、アジト?傭兵訓練所?
written by ai * Doll * edit * CM:4 *
2007 つい2日ほど前、テーブルの下の奥の方に発見したタイムトライアル。

最近、あちこちで拝見するショーッカー。何だか、どこかで見た事があるようなないような既視感があったのは、このせいだったのか、、、と,一人納得しております。 罰当たりな私、、、

昨日の泣きべそ少女同様、これも、私が好きそうだからと、友達の娘ちゃんが、わざわざ、パパの出張の時に言付けてくれたもの。

思い立って、家(ルームボックス)で並べてみると、なかなかユーモラスです。こぉいう閉鎖された空間があると、又違ったドール遊びの面白さがあります。

700boys.jpg

boys2.jpg

shocker2.jpg

shocker3.jpg

700shocker.jpg
08
12
窓  -ルームボックス-
written by ai * Doll * edit * CM:2 *
2007
window1.jpg


window2.jpg


window3.jpg


window4.jpg


window5.jpg


window6.jpg


window7.jpg

08
11
残骸
written by ai * 写真 * edit * CM:0 *
2007 リスの食べさしのザクロがバルコニーに転がっていました。なぜか、家のワン達は無関心、、、

気色悪いといえば、とても気色悪いのだけど、ザクロ自体、凄いですね。 、、、、綺麗です。

zakuro.jpg


2zakuro.jpg


3zakuro.jpg


4zakuro.jpg

08
09
ルームボックス
written by ai * Doll * edit * CM:2 *
2007 Cさんの御厚意で、レーメントのルームボックスを調達する事ができたのですが、玄関に今日届いた箱!!たまげました。いやぁ~、こんなでかいとは、、、話には聞いていたものの、大きいだけでなく、重い!!!気軽に申し出てくれたのを、私も極々気軽にお願いしてしまったのを後悔してしまいました。この荷物を見て、思わず、「ごめーーん」と呟いてしまったのでした。

さて、サイズ的に色々と試してみたのだけど、やっぱり1/6サイズの家具は無理ですわ。勿論、置けるのだけど、ドールが立ったら、頭がつっかえる。

レーメントの学習机は、さすが、違和感なく収まります。
http://mixi.jp/view_album.pl?id=3381854

ところが、レーメントの家具は、台所の洗い場と冷蔵庫しか持ってない。。。

という事で、ちょっと1/12を置いてみたのですが、何となく、これが、キチキチな感じがなく、のんびりと?収まるような気がしております。もっとも、ドアノブ、窓の大きさ、高さは、違和感があるのですが、余り、深刻に考えても、、、と、この辺りはアバウトに頭を切り換えるのは得意。。。

付属の壁紙が浮いてしまうという指摘をcocoちゃんから受けていたのだけど、確かに、これは、注意してないと、はめ込みからはずれてしまう。プラス、ドアも注意しないとづれますわ。(画像1参照)隙間が開いているのも、気になる人には気になるのかも。私?ちっともきになりませぬ。爆

とにかく、2分もあれば、組み立て、解体がデキルというのが魅力です。

大きいドールでも、ちょこっと家具を置いたりして、バックドロップ的にも使えそうな気もします。壁紙など、色々と別途販売してくれると、それだけで、部屋の感じが違っていいかも。。。

rement1.jpg

rement2.jpg

3rement.jpg

あ、、、まずい、私の三段腹が写っている。。。
6rement.jpg

8rement.jpg

9rement.jpg

08
08
子供
written by ai * 写真 * edit * CM:4 *
2007 普段から、脈絡のないブログに更に、脈絡なく、「写真」のカテゴリーを増やしました。特別な説明もなく、画像を貼る時のカテゴリーとでもいうか、、、

先週、美術館に行ったとき、行く先々でなぜか出会った二人。元気いっぱい。
eurokids.jpg

eurokid3.jpg

eurokid2.jpg


週末ボルボア公園で出会った子供達。
bol-tri3.jpg

girl-bol700.jpg


girl-bol.jpg

wedkid.jpg

wed_kids.jpg

08
06
ゲティ美術館-4-
written by ai * 普通の日記 * edit * CM:0 *
2007 美術館内の人模様。。。実はこぉいうのが一番興味があったりします。 美術工芸品を見るのも、浮き世を忘れる貴重な時間ですが、そこに集う人を見るのも大変に興味深いです。

殆どの画像が手ぶれしているのが、残念です。

impress.jpg

kids.jpg

この印象派があるセクションが、この美術館でも、一段と人が多くて人気があるみたいです。夏休みで子供が沢山。

statue.jpg

classic.jpg

granma-kid.jpg

drawingroom.jpg

これは、デッサン室で、一般の人に美術館での作品デッサンを体験してもらう、、、という趣向です。右端は、ガードマン(女性ですが)館内は、至る所に当然ではあるけど、ガードマンが立っています。

ent-exbt2.jpg

エントランスホールにある大きな大きな廃材利用の創作品の一部です。作家は、Howkinson。ent-exbt700.jpg

天井からつるされているこのチューブから、上の機械のシートが回って音が出る仕組みです。音色は、未知への遭遇で宇宙人が送った信号音に近いような感じとでもいうか、、、これが一時間おきに5分、流れるようになっています。正直、着いた時にこれを見たとき、空調を修理しているのかと思った私です。

jacom.jpg

これは、今回、Weston同様、嬉しい出会いでした。なぜか、昔から好きなジャコメッティです。入り口の横端にそっと置かれていました。

mainte.jpg

あちこちで、地味に働く人が。。。余計な心配ですが、一体、この美術館を維持するのに、一日どれほど費用がいるのだろうと思ったりしたけど、恐らく、庶民には思いも寄らない金額であるのは確かでしょう。
goinghome.jpg


おわり
08
05
ゲティ美術館-3-
written by ai * Doll * edit * CM:0 *
2007 この日、下界は薄曇りで、過ごしやすい朝だったのが、トラムで、どんどん上に上がるに従って、周囲が明るくなって、着いたらガンガン照りでした。

建物の内外は、ローマ郊外から運ばれてきたという石で作られていて、明るい太陽の下だと、ハレーションもあるせいか、清潔で、神々しくさえ見える光景です。廃材も全て生かされて見事に随所に生かされているそうです。

外は、あちこちに、“ちょっと座って休憩”の場所もあって、実際は暑いのだけど、見た目には、涼しげで心地よい空間を配しています。

courtyard1.jpg

courtyard2.jpg

courtyard3.jpg

courtyard.jpg

stair-mizu.jpg

patio.jpg

ground.jpg

tram2.jpg

view-belair.jpg

outside.jpg

view.jpg



つづく、、、え?!
08
04
ゲティ美術館-2-
written by ai * Doll * edit * CM:4 *
2007 庭です。山の中腹を切り開いて広大な庭を造っています。植物などは、このサンタモニカマウンテンに自生する花などをそのまま移していると、以前、読んだような気が。。。
getty-niwa1.jpg

getty-niwa2.jpg

bugen.jpg

bugen3.jpg

bugen-man.jpg

niwa-mizu2.jpg

niwa-kiku2.jpg

niwa-bee.jpg

niwa-pple.jpg

niwa-bee2.jpg

niwa-hatena.jpg

niwa-tsutsu.jpg

近くで見たら、山ツツジを刈り込んでいるようでした。niwa-kanna.jpg

数少ない判別できる花、、、カンナだろうと思うけど、こんな色模様の葉のカンナは初めてでした。niwa-shiso.jpg

niwaniwa.jpg

no-picnic.jpg

niwa-moore.jpg

niwa-moore2.jpg

イースター島の巨頭の如く庭への入り口にそびえる、ヘンリムーアの彫刻。


さらに、

つづく(-_-;)
08
03
ゲティ美術館
written by ai * 普通の日記 * edit * CM:2 *
2007 偶然に、7月末日からEdward Westonの特別展をしているのを知って、早速に昨日行って来ました。

内から車で10分ぐらいの所なので、比較的手軽な感じで行けるのが嬉しいです。駐車(有料)して、そこからは、トラム(無料)で、山の上まで上がっがそこに美術館(無料)。特別展も無料なので、益々有り難い次第です。
gocome.jpg



働いているボランティアのお年寄りも生き生きとしていて、親切なのも嬉しいです。

特別展は、写真を撮っては駄目だけど、常設モノに関しては、フラッシュさえ焚かなければ、撮影も問題なしの太っ腹。

w.ex.jpg

manet.jpg

マネの大きな号の絵もありました。これは、研究対象になっているようで、近い日に講義もあるようです。
holl-n.jpg

これは、常設館のホール。

つづく

http://www.getty.edu/
Copyright 2007 ガリバー日記 all rights reserved. Designed by from fm in blog. Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。