--
--
スポンサーサイト
written by ai * スポンサー広告 * edit * *
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02
25
アグネス登場
written by ai * Doll * edit * CM:6 *
2007 くじ引きで当たった(とはいえ、当然?料金は支払うのであるが。。。(*ーー*))FAO コンベンションドールのアグネスが、今日、散歩から戻ってきたら届いていた。

顔が他のFRと違って、鼻が長い、高い。だから、横顔も、漫画チックにならない。クラシックな美人さんという感じ。睫は付いてないのだけど、ヘーゼルカラーの目色のせいか、目元が霞んだように見えて綺麗。他のFRより、近寄りがたいような色気がある気がする。ちょっと、若い頃のヴィヴィアン・リーに似ている気が、、、。

着ているのは、赤い水着、下着のみで、箱の下の引き出しに、黒の台に赤のミュール、それと、ルビー(風)がついた輪っかのピアス。

。。。さて、箱出しすべきか、箱のまま暫し眺めているか、、、考慮中なり。

1agnes.jpg


7agnes.jpg


3agnes.jpg


vero2.jpg

因みに手元に出ているベロニーク(久々に顔をアップで撮ってみたら、やっぱり、上品に色っぽい!)

金髪のクラブドールのアグネス嬢も、欲しいなぁ、、、と、思うものの、既に高騰し過ぎ!!!!
スポンサーサイト
02
24
こりゃ、ダメだ。。。
written by ai * Doll * edit * CM:2 *
2007 去年、随分とプレミアムを払ってしまったので、今年はFRのクラブメンバーになった。が、しかし、何かどうなのか、訳もわからないまま、ヤフーのgroupにも参加して情報を貰ったり、会報をもらったりで、すこしづつ様子が見えてきている処なのだけど、2週間ほど前だったか、会員特別価格販売のEve Kitten, La Dolceが発売されるというので、特典大好きな私は、いそいそと申し込んでしまった。そのイブが本日到着。

、、、しかし、、、これって、これって、、、会員価格でも高いんじゃない?!ガッカリ。顔自体は嫌いでない、むしろ、イタリアの古い名画にでも出てくる感じが良いのだけど、ボディはarticulateされてない。ま、これも、いいとしよう。その分丈夫だと思うので、、、

何が気に入らないって、この足の部分のパーティッションが、まるでピンクボックスのバビじではありませぬか??!!で、この足の部分の質感が、他のボディパーツとは何か違う感じもする。

ランジェリー、靴など、綺麗なまずまずの出来のように見える。ま、色々と物価も高騰している@製造工場そうなんで、こんな値段設定になってしまったのかも。

出たばかりのせいか、ディーラーやベイでは会員価格の2倍近い値段設定で出ている。溜息

eve1.jpg


part.jpg


久々に買値でベイに出してみよかしらん、、、あ、面倒だ。。。
02
23
FR---True Royalty
written by ai * Doll * edit * CM:5 *
2007 正直、突然、このドールが目の前に出現したら、どういう反応を自分がしただろうかと考えると、一瞬、見た感じが派手なせいもあるから、意外に、「あら、、、、」って感じで、素通りしていたような気がする。

・・・それなのに、去年、FRの洗礼を受けてからというもの、色々なFRをドールを見た後のせいか、去年の秋ぐらいに、このドールをシンガーポールのショップのウエブで見た時は、凄いドール!!。。。ショップの特別仕様かしらん?とと思う一方、自分に縁のないってうか、一般売りはされないどーるだろうと思っていた。まるで、ハリウッドの映画の番販用のドールって感じで、豪華であるけど、繊細で、色合いが渋い。

その後、初冬から、年明けにかけて、体調も悪くて、それに悪比例して気力もなく、ドール関連サイト巡りが極端に限られたものになってしまい、そうこうしていう内に、気がつけば、春が足下まで来ていた。

単純なのか、季節が良くなるに従って、ドールへの感心も復活して、先週ベイ巡りをしていたら、見つけてしまった。。。すっかり忘れてしまっていたTrue Royalty, Vanessaドール。。。随分とプレミアが付いてはいたのだけど、後先を考えずに買ってしまった。で、購入してから、かなり、「これでいいのか?!」(;´_`;)と反省やら、後悔やら、色々な感情が行き来したけど、実際に受け取ってみたら、すっかりとその否定的な感情は霧散。。。

好き嫌いもあるだろうけど、私はアンジェリーナ・ジョヨリーという俳優さんが大好きで、そのアンジェリーナががマリーアントワネットに扮装して、ミニサイズになって、訪れたのでは?!という程、何か、いじいじするような繊細さ。。。にすっかり嬉しくなってしまった。巧く言えないけど、この派手メークの緻密さ、衣装のシンプル豪華さにすっかり言葉を失ったという感じ。プラス、FR独特の垢抜けたパッケーッジングも、素晴らしい。売り主さんから、「え???」っていう送料を指定されて、びっくりしたのだけど、無駄というには、余りにも、洒落た、豪華なプレゼンテーションで、納得。重い!!

221fr_full.jpg


221vane2.jpg


vene8-oly.jpg


221ing.jpg


221_acc-supp.jpg




...と、あれこれ、自分に言い訳もしながら、宝物を手に入れたような嬉しさで一杯。
02
22
FRの新しいトランク
written by ai * Doll * edit * CM:6 *
2007 ドールを収容する場所があるので、トランクと、商品名はなっているけど、形状としたら、ポータブルのクロゼット、化粧室のような感じ。

http://www.barbieinchiba.com/otherdoll/integrity/fr/2006/images/trunk.jpg
*BICさんから画像拝借

「クロゼット」化粧室?というしつらえになっているので、必然的にサイズがでかくて、郵便の配達の人が、一旦、郵便物を持って来てくれた後、今度は車で別途運んでくれた。

cocoちゃん処でも言っていたけど、重い、大きい(場所を取る!)のだけど、レイアウトは本当に素晴らしく、少々の建て付けが悪さは、我慢できる。出来れば、靴収納箇所の傾斜をもう少し平らにして貰えれば靴も安定するかも。この角度にした理由も判るのだけど、実用面からは、(;'Δ';)。で、私は、ワックスを使って、靴を止めている。

色々な風にドール劇場として、利用出来るのだろうけど、その才覚も根気もないので、一応、ざっと、並べて、小休止。疲れた。。。疲れた。ヘ(´o`)ヘ

インテグリティのサイトでは、ガラスケースの中にお酒をいれて、ちょっとしたバーにしているけど、手持ちにアルコール(1/6サイズ)がないので、何のことはない、レーメントの和菓子や、洋菓子を入れて、一つの和菓子の入れ物は、アクセサリー入れにして利用している。(・ヘ・;)本当は、ちょっと高級そうに見える、クリスタル風の花瓶や、グラスなどを飾りたいのだけど、リーメントで出ていたかしらん?


trunk1.jpg


trunk3.jpg



221trunk4.jpg

照明の関係で、色が黄色が強くなって、劇場の化粧室のような雰囲気になってしまった。。。?場違いな処に迷い混んだドール、戸惑うの巻。。。(^_^;)

02
21
盆と正月、、、?
written by ai * Doll * edit * CM:2 *
2007 こぉいうのを、盆と正月が一緒に来た!!って言うのではないかな???

今日は、Nちゃんから、素敵なyomoちゃんofや、Yoiちゃんシューズ、プラス、FRのトランクまで戸届いて、嬉しいのを通り越して、ひたすら興奮する午後だった。。。

Nちゃんからのユノア用のof、、、私が着たい!!と思う色合い、デザインのもの。。。いつもながら、ドール用っていうよりは、むしろ、人間用のデザインのモノをドール用に縮寸されたって感じで、彼女のOFを着せるとドールが、ちっこい人間のような感じになって、思わず、“うふうふ”と嬉しくなるのだ。
unoa2.jpg

流行りの細い細いジーンズで、ユノアの足の綺麗さが益々引き立つ。

unoa3.jpg

個人的に黒のタートルが冬の必需品だけに、ドール用にも、黒タートルが出来て、組み合わせも広がるしで、凄い嬉しい。組み合わせているOPの色も大好きなミルク珈琲色。シンプルなデザインで、これまた、多様出来そうで嬉しい。


pm2_shoes.jpg

これは、ドール好きには、有名なうXXXさんのシューズ。とても穿きやすくて、もとえ(^_^;)穿かせ易くて感激!!パッケージも、可愛らしくて、そのまま、たたんで、保存。(包装紙、紐など、捨てられないという習性(^_^;)豪快に3足、内のYoiちゃん3人組に送って頂いて恐縮至極なり。普段は、「裸足が好きなの」と、高楊枝を決めているのだけど、やっぱり、素敵なブーツで、ドールも良い処の子女の如く!!

mp3_of.jpg

mimiちゃん@左のofの色合いの穏やかさ、デザインの可愛さで、普段は、内ではドラエモン時計をボディフォームに設えて、飾っている。現実的なデザインの子供服のミニ版って感じで、見ているだけでも楽しいの。

ありがと~~!!

本当~~に有り難う!!。
02
19
桜咲く、、、
written by ai * 普通の日記 * edit * CM:6 *
2007 毎週土曜日に行く公園には、500本の桜の木が、湖の周りに植えられていているのだけど、この処の暖かさに、湖の北側の何本かの木は、ポツポツと花を付けていて、ピンク色=春!!という風情で気持ちまで、ウキウキするようだった。

で、ふっと、自宅に戻って、裏庭の隅を見てみると、なにやら、花が咲いているではないか!!近所の散歩で、よく見る梅の一種ではないかと思う。白に近い薄い薄いピンク花びらに黄色い花芯。デコレーションプラムというのかな?庭のあちこちに花びらが散っている。

plum.jpg


その横には、通称、「瓶洗い」の花?が咲き乱れている。水撒きなど、殆どしない放置状態の庭だけど、この木は逞しい。お天気の悪い日は、鬱陶しいような感じがしないでもないけど、晴天をバックに赤い花がすくっと伸びているのを見ると、元気が出る感じ。
bottle_w.jpg


ふと見ると、琵琶も今年は実を一杯付けている。無事に食べる事が出来ればいいのだけど、さて、美味しそうな色になったな、、、という頃を見計らったように、リスがあちこち齧り散らしてしまう。
これは、流石に、怖くて手が出ない。残念。
biwa1.jpg


前庭にも、ひっそりとクロッカスの花が咲いている。思いっきり接写したので、何の花だかさっぱり判らなくなった。少しキョリを置いて撮った画像を見たら、ツツジやら、何やらの花芯が飛んできたりしていたり、綺麗とは言えない状態。
crocus4.jpg


知らない内に、季節は春になっているような感じ。。。(#^.^#)
02
09
小さい油絵(ゲティセンター)
written by ai * 未分類 * edit * CM:6 *
2007 何度も見ている筈なのに、なぜか見逃してしまっていた、小さな小さな油絵。17世紀(記憶曖昧)の作品らしい。25cmx15cm位の小さいキャンパスに細密に四季の様子が描かれている。シリーズの内、展示は2作品。兎に角小さいので、とても見にくいので、デジカメして拡大してみた。

会場で見た時には、左下の集団は、タカラ箱でも開けて楽しんでいるのかと思ったのだけど、デジカメ画像を見てみると、更に左下に喪服姿らしい夫人が描かれているので、棺を囲んで、個人を忍んでいるところではないかな、、と思い直した。

*美術館所蔵の作品に関しては、フラッシュを使わない限り、撮影は許可されている

xL-mini-4.jpg




MINI_OIL.jpg

実作品はデジカメ画像よりも、一回り小さい

MINIOIL.jpg

画像は、ほぼ実物大


想像だけど、恐らく、こぉいう小さい絵を専門に描くアーティストが居たのだろうと思う。これらの作品を見ている時、日本の米粒絵を思い出していた。(これも、是非、一度、作品が見てみたい!!)
02
08
久々のブログ更新
written by ai * 未分類 * edit * CM:2 *
2007 相変わらず、すっきりしない体調の日が続いている。

風邪がすっかり抜けたかな?、、、と思ってたら、又、油断するのか、力がでない日が来たり、、、で、あっという間に、2月も1/3が終わってしまった。

今日は、朝から、鼻水が停まらない状態ではあったけど、お昼前にゲティ・センターに行ってきた。

いつもは、人を案内してゆく事が多く、時間的な余裕もないまま,あちこち駆け足で回るばかりだけど、今日という今日は、じっくりと見るのだ、と、決めて出掛けた。というのが、去年の暮れ以来、づっと見なければ見なければと、思いながら、延び延びになっていた、BERMAN COLLECTIONが、後数日で終わってしまうので、「何だかなぁ、、、」の体調だったけど、元気出して出掛けた次第。ウィークデーなので、混雑もないだろうと思った予測は、多いに外れてしまった。

折角なので、他のプレゼンテーションも時間をゆっくり掛けて見て回った。

久々に写真やら、絵画、家具、他美術品と言われる類を至近距離で、かつ、バーチャルでなく現実で見て、脳髄に雷が落ちたような感動があった。

行って良かった。

、、、が、寒かった。

courtyard.jpg


www.getty.edu

Copyright 2007 ガリバー日記 all rights reserved. Designed by from fm in blog. Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。