--
--
スポンサーサイト
written by ai * スポンサー広告 * edit * *
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01
20
同じ16インチでも、、、
written by ai * ミニチュアハウス * edit * CM:2 *
2007
anz-mat1.jpg

ユノアスーツ、Tシャツ by Tonner for Matt O'Neil
マットセーター by Tonner for Matt O'Neil
マットパンツ by Ninico for Popo@YOMO


元旦から、次々にハプニングがあり、1日に、余所のブルに噛みつかれて手術と相成ったVivi@チワワ♀の抜糸が決まった昨日、明け方、気分が悪くなって珍しく嘔吐。気が緩んだのかなぁ、、、昨日は、節々も痛くて熱も39度程まで上がり、結局、Viviの病院にフラフラとして付き添って、後は、オレンジと緑茶をちびちび飲みながら、殆ど、一日寝て過ごした。

今日は、80%の快復。Viviもやっと散歩を再開。

そこに、先週オーダーを入れていた品々が届いた。

この処、ユノア一辺倒なのだけど、タイラーのOFがニットならば着る事が出来るという話しを聞いていたので、それならば、Matt O'Neilのモノならば、問題なく着る事が出来るのではないかなと思い付いて、ありそうでなかなか見つからない極々普通の「T-シャツ」に、トランクス、スリッパ付きのタイラーシリーズ?の男性ドール、更に、裸同然のドールも可哀相だと、セーター、スーツを、ユノアにとの互換性を期待しつつ、注文していた。巧くいけば、ユノアのボーイフレンド風でもいけるかな、、、とかすかな、厚かましい希望も持っていたのだけど、、、

元々男性ドールへの興味は、数体のミリタリーフィギュアは別にして、皆無に近い。で、このオニール氏、箱を開けたと同時にぎょっとしてしまったのだ。いや、醜いとか、気持ち悪いとかそういうのでなくて、それこそフィギュアがぼーーっとデカクなったという感じ。軽いし、球体と違って、少々の事では壊れそうにない点、とても扱い易そうなんだけど、、、何んだか、落ち着かない。本当に本当にちっこいマネキン人形が箱に入っているようなのだ。ちっこい割には、リアルでハンサム過ぎるからだろうか。何しろ、周囲はこの手のハンサムな男性が居ないのだ。

で、肝心の互換性だけど、これは、ばっちり!スケール自体は、恐らく、ユノアは1/4(不確か)というよりは、むしろ1/3.5(不確か)ぐらいの感じなのかな。足の長さや手の長さなどは、ユノアもオニール氏も殆ど変わらないのだけど、小さいと思っていたユノアの顔がマットの横だとデカク見える。顎の張った、モデル顔のオニール氏、とても綺麗なメークをしているのには、びっくり!!タイラーの人気も判るような気がするが、稼動性という事でいえば、とても限られていて、首を傾げるなどという微妙な動きはアクションフィギュアには及ばない。お値段相応という処なのかも。

因みに、マットのOFの出来は本当に綺麗で、びっくり。

しかし、疲れました。(*_*)

追記:

弁解の為に、、、マットには、たまたまその辺にあった、非常に出来の悪いウィッグと、縫いぐるみのクマに付いていた帽子を着せて、ユノアとのバランスを見るのに、頭を出来るだけ大きくした努力の後なり。


スポンサーサイト
01
13
市松さんの着物拝借
written by ai * Doll * edit * CM:4 *
2007 赤い鹿子が良く似合う。勿論、着丈は短いけど、鎖骨、首が綺麗なので、ぞろりと、だらしなく着せてみたけど、それでも品も良く、うふふな感じ。-kimono by Go!Go!Poodle-

3anz111.jpg

5anz111.jpg

6anz111.jpg

9anz111.jpg

16anz111.jpg

17anz111.jpg


やっぱり10mmの目が使いたくて、今回は10mmのグラスアイ。プラスチックの1ドルアイと違って、こちらだと、其れほど、違和感ないような。

づーーと誰かに似てると思ってたのだけど、麻生裕未さんに似てないだろか?

***実は、この赤い鹿子の市松さんの着物をgo!go!Poodle工房さんに無理を聞いてもらって、最初に仕立てて頂いた着物。着物地は勿論、裏地の素晴らしさ、仕立ての丁寧さ、着せ易さ、すっかり惚れ込んでしまった。かれこれ7,8年前だろうか。。。以来、ドールでは本当にお世話になりっぱなし。。。感謝、、、***

01
12
やっぱり可愛い(^^)V
written by ai * Doll * edit * CM:4 *
2007 今日は久々でPMMズをパチリ。

、、、というのが、昨日、ちょっと思いついて、mimiちゃんがお正月に着ていた黒地に華やかな花模様の着物を、ひょっとしたら、お腹回りなど、1/2あるかないかのゆりえ姉さん@MISAKIが、なんとか、着る事が出来るのではないかと、拝借したのだ。で、お正月はちょっと過ぎたけど、mimiちゃんに、よそいき服(by ににこブティック)を着せたので、記念撮影と相成った。

外は曇りで、いつもの暗い部屋の中の撮影だったけど、窓に近いので、ほどよく光りも入ってきて、
画像は荒れ気味だけど、自然光の柔らかい光りの中で、Yoiの可愛さが出た画像になったと自画自賛。(毎度っ!!ヘ(´o`)ヘ)
pmm2.jpg

yosoikimi.jpg

mp.jpg

momo111.jpg


この頬と、すぼめたような口元のあどけなさは、何とも言えません。。。ドル馬鹿。。。m(__)m

***因みに、mimiちゃん着物を拝借のゆりえ姉さん、、、やっぱり身頃が合いすぎるけど、模様がよく見えて、これもいいかぁ???と、なんとか、おっけー?と思ってたのだけど、画像を撮ってみて、帯締めを忘れておったのに、気が付いた。ヘ(´o`)ヘ

yurie.jpg

01
10
杏嬢、ラブ(*^m^*)
written by ai * Doll * edit * CM:2 *
2007 実は、昨日、杏嬢が付けていたウィッグ、ファッフルというのかな、これが、余り好きでないのだ。これは、Yoiが付けて来たウィッグだけど、Yoiにも似合わないような気がして、殆ど、使った事がない。杏嬢なら似合うかも、、、という期待があって、付けてみたけど、やっぱり、これは、私の好みの問題か、好きでない。

高校時代、三つ編みが学校の決まりだったのだけど、寝る前に三つ編みを解くと、こぉいう感じになっていた。三つ編み時代自体は好きなのに、なぜか、この波状のヘアは、学生時代を思い出すからかどうか(^_^;)苦手なり。

で、今日は、これまた、Yoi用のiboちゃん作の羊毛ヘアにしてみた。同じ、波状でも、モヘアの軽そうで、ふわふわした感じは色もいいけど、顔の表情を柔らかくしてイイなぁ。
7uno109G.jpg

01
09
ちょっとした事、、、
written by ai * Doll * edit * CM:2 *
2007
10mm.jpg


お手伝いのまーちゃん:「お嬢様、、、お顔が変わったような、、、」

杏: 「ちょっと整形したのだけど、変かしらん?」

お手伝いのまーちゃん: 「ワタクシの口からは、、、(へん、、、変)、、、、」

10mm2.jpg


杏: 「白目を多くしてっ!!ってお願いしたのだけど、、、これも、見慣れると、個性的で良くなくって?!」

お手伝いのまーちゃん: 「(^∧^)〔(/-o-)/〕。。。」

*********






12mm.jpg

お手伝いのまーちゃん: 「ほっ、、、やっぱり、この方がお綺麗かと。。。」




###
何というか、ついつい目を替えた感じを見たくて、やってしまったのだけど、幾ら白目が多い目がリアルチックで好きだといっても、この10mmは、如何せん、安っぽくて失敗だった。オーバルのプラスチックの1ドル強@pairという代物。瞳の部分が小さくなると、顔の他のパーツに目が行って、ほんのちょっとした事なのに、この杏嬢の口が「いかりや」化して見える。、オカシイような、哀しいような。。。Jason WuのAmanda Laporeにちょっと似てるかも。マニアの間で大人気のこのドール、ではあるけど、余り、似て嬉しくはないな。。。(o_o ;)
http://www.marlbe.com/images/06-AL007.JPG

再度、チャンジ。今度は、Sherminに入っていたグラスアイ、12mm。やっぱりこちらの方が落ち着く。###
01
08
アンジャリ嬢@Kish
written by ai * Doll * edit * CM:2 *
2007 「嬢」というより、「ちゃん」という方がいいかな、、、と思う、体型。
お腹が3歳児みたいな感じ?だし、腕にも、足も、肥満皺?が、、、
これって赤ちゃんに近いのかなぁ。顔も口の下にえくぼが。。。
よくみると、なかなか福耳。ライリー同様、この作家さんのドールは
目と口に凄い特徴があって、この子も面構えは、余り幸せでない過去
(3歳児の過去って。。。爆)を思わせる。

HK2.jpg


hk-upA.jpg


孤独な顔をしているけど、ひょっとしたら、事故で両親を亡くしたけど、
一杯、遺産が一杯ある富豪のお嬢ちゃんか?爆

、、、ソックスだって、ほら、8インチサイズのドールにしては珍しく、
ゴム編みの部分だって着いている。(少なくとも、私は初めて見た)(o_o ;)
socks.jpg


このアンジャリちゃんは、宇宙服を着て登場だった。夢もリッチだ。(付属品なし)
kish4.jpg


MAのよそ行き一式を借りて着てみると、本当にリッチなお家のお子チャンみたいに見える。
ユノアliteの柚ちゃんが着るよりは、やっぱり、よくお似合いかも。(*^。^*)

HK-dress.jpg



01
07
Kish ドール
written by ai * Doll * edit * CM:4 *
2007 10年ぐらい前に、友達が観光地のドールショップで、このヘレン・キッシュの人形を見て、すっかり惚れ込んだ。ドールといえば、ころころと丸っこいニコニコしたドールが多いなか、このキッシュドールのモノ淋しいような顔つきが味があって、私も欲しいなぁと思いながら、友達の買うのを横目で見てたのだけど、そのお値段に、諦めていた。

最近では、ネットのオークションという有り難いような困るようなシステム?があるので、時々、ふらっと探してみたりしてたのだけど、やっぱり、お値段的に、やや納得できない価格帯で、手を出さずにいたのだけど、、、、

年末、最近、よく見ているドールショップで、大きなセールがあって、値段を間違えたのでは?!と思う程、激安で出ているのを発見!!!!!!

速攻で、注文しましたです!

それが、これ、、、、ライリーちゃんなり。(#^.^#)

riley-frt.jpg

riley-back.jpg


4日に届いた。やっと昨日の夜、細かくあちこちを見たのだけど、お値段が高い所以を納得。

顔、特に目、唇は、このキッシュのトレードマークとも言えるムードのある手描き。
riley-up.jpg


髪がモヘア。ドレスの作りも細かい。可愛いデザインが、上質のフェルトで作られている。靴も、ストッキングも、他の8インチサイズのドールのそれとは比較にならない程、丁寧で凝った作り。
riley-bttm.jpg


ボディは丁度、MAと、ベチの中間ぐらいの幼児体型で、相互に互換性ありと見る。
riley-MA.jpg

riley-bet.jpg


「フィールドトリップ」というギフトセットになっていて、ショッピングバック風の箱の中にドール、寝袋、寝間着、犬が入っている。(画像、後日)

、、、しかし、、、買いやすい値段とはいえ、なんだかんだと言い訳しながら、やっぱりドールを買っているのって。。。(;'Δ';)
01
05
変身成功か?否か?
written by ai * Doll * edit * CM:9 *
2007 中学の頃、同級生に、田舎の中学では、ちょっと珍しい感じの少年がいた。色白で、頬がピンク、唇は濡れたような赤い色、目は小刀でくりぬいたような白目のすくない、アーモンド形、そして髪は、ちょっと茶色で、ぼっちゃん刈り、。首によく包帯を巻いていて、病欠も多い子だった。よくお勉強も出来るのだけど、少々皮肉っぽい処もある子で、自分の弁当箱は隠しながら、人のを覗いては、「にやっ」と、笑うような感じの悪い処もあった。T君、元気でいるのだろうか、、、?

ユノアに少年服(ブティック:「ににこ」提供)を着せたら、この少年を思い出した。顔の色や目がとても似ている。女性的な男の子と思えば、そう見えなくもない。お転婆な女の子といえば、そうも見えるかも。(^_^;)

boy-an4.jpg


boy-uno9.jpg


boy-an10.jpg


boy-uno11.jpg


顔が小さくて、全身のバランスがいいので(これって、前にも言ったような、、、爆)ドールだけど、こんな感じの洋服を着ると、小さい子供のようにも見える。(#^.^#) 洋風座敷童子?爆

帽子提供: ブティック「Chanee」
01
04
巧い具合にいきません、、、
written by ai * Doll * edit * CM:4 *
2007 ユノアのライトとシストと並べて画像を撮ってみようと思って、あれこれと試しているのだけど、身長差があるので、お間抜けな感じになってしまう。

ユノアのバランスの取れた体型を見ていると、やっぱり全身を入れて見たくなるのだけど、これが、何だかなぁ、、、の具合になる。

yuzu-anzu3.jpg


光りの影響もあるのだろうけど、切り具合を間違えると、こんな怪しい画像になってしまい、思わず笑ってしまう。

uzu-anzu6.jpg




ライトは、目下、マダムアレキサンダーのドレスを拝借中。スカートが広がっているので、手がおりません。(^^ゞ

シスト嬢は、Yoiちゃんズ用の帽子を拝借中。頭が小さいので、結構共有できて楽しい。(^^)




01
01
大晦日だというのに、、、
written by ai * Doll * edit * CM:2 *
2007 遊ぶばかりで、掃除もせず、早々に紅白は朝から見て、気分だけは新年。爆

今日も、お昼からデジカメでユノアをパチパチ。。。

このお嬢さんは、到着した時から、嬉しい事に、凄い馴染んだ雰囲気の顔をしていたのだけど、ユノアの持つ明るさみたいなモノかな、、、と思ってたのだけど、デジカメする程に、陰みたいな感じも出てきて、益々このお嬢さんにぞっこん!!

セーラー服を着せて見たら、百合のように清純な雰囲気に息をのんだ。
hakka-LL.jpg


が、、、、

ぞろりと着物を着せてみると、、、
Copyright 2007 ガリバー日記 all rights reserved. Designed by from fm in blog. Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。