--
--
スポンサーサイト
written by ai * スポンサー広告 * edit * *
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01
03
written by ai * 未分類 * edit * CM:2 *
2012


明けましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願いします。

スポンサーサイト
07
29
コンニチワ
written by ai * 未分類 * edit * CM:2 *
2008
「BATMANこと、ブルース・ウエィンです。」
700batman29.jpg
久々のバットマンフィギュア、埃はしてても、、格好いいですねぇー。




公開されてから、かれこれ10日になるのに、劇場に行く勇気がまだない。。。あの音響の中で、耐えられるかどうか、、、不安です。、、、が、見たいですねー。C・ベールもすきだし、図らずも、H・レッジャーの最後の作品。。。。

今日は、3ヶ月振りの聴力検査。どんな結果が出るでしょううか、、、

07
29
H家のお嬢さん
written by ai * 未分類 * edit * CM:0 *
2008 私が学生の頃(当時は、よそに下宿していた)時々、実家に帰ると、ぷっくらと太った、とても上品そうな人が座っていて、話かけても、上の空。。。時々、カラカラカラと綺麗なソプラノで笑い声を上げる。そうかと思うと、ぶつぶつと独り言を、これ叉、方言でなく標準語や英語で、かつ上品な物言いで始めるのです。

最初は、びっくりしましたよーーーー。

祖母に聞いてみると、近所の、私も掛かった事のあるH耳鼻科のお嬢さんだそうで(といっても当時、私が19位で、その女性は30も大分過ぎていたと思います)嫁いだものの、離縁されて戻ってきて、今は実家の事務を手伝っているという話でした。(T塾英文の出の菜才媛だったそうです)祖母とそのお医者さんの奥さんとが女学校が同級だったそうで、多少の行き来がづっとあり、そんなこんなで、いつの間にかうちに遊びにくるようになったそうです。祖母も、「お嬢さん」(祖母はそう呼んでいた)に、普通に接して、突然、何か喋りだしたりしても、上手に?あいづちを打っていました。

一度、私の顔を見て、「アナタってライオンみたいね、オホホホ。。。」と突然云われた時は、びっくりしましたが、彼女の意識には、私が猛々しい女に見えたのかも。。。と、後で、周りに笑われてしまったりした事もあります。

居心地が良かったのかどうか、祖母が亡くなるまで(涙)、よく来ていたそうです。

ま、そんな昔話は兎も角として、、、、

昨日、塩子さんをデジしていて、ついでに?キヨさんをデジしていたら、ふとそのH家のお嬢さんを思い出したのでした。(@_@;)

ややや、、、、別にうちのキヨさんが、ちょっとあちらの世界に行ったままの人風だという訳ではないけど、エキセントリックな感じではあります。そんな雰囲気が好きなのですが。

3kiyo28.jpg

0kiyo28.jpg

hotaru.jpg
季節外れの蛍に見えないでしょうか、、、(爆)


、、、昔は、近所にこんなちょっと変わったというか、自分の世界に住んでいる人が町に一人や二人いて、町内の人も、それなりに微笑ましい思いで受け入れていた処があるような気がします。最も、凶暴でない場合ですが、、、

今は、こぉいう人たちってどうしているのでしょうか。。。


02
09
小さい油絵(ゲティセンター)
written by ai * 未分類 * edit * CM:6 *
2007 何度も見ている筈なのに、なぜか見逃してしまっていた、小さな小さな油絵。17世紀(記憶曖昧)の作品らしい。25cmx15cm位の小さいキャンパスに細密に四季の様子が描かれている。シリーズの内、展示は2作品。兎に角小さいので、とても見にくいので、デジカメして拡大してみた。

会場で見た時には、左下の集団は、タカラ箱でも開けて楽しんでいるのかと思ったのだけど、デジカメ画像を見てみると、更に左下に喪服姿らしい夫人が描かれているので、棺を囲んで、個人を忍んでいるところではないかな、、と思い直した。

*美術館所蔵の作品に関しては、フラッシュを使わない限り、撮影は許可されている

xL-mini-4.jpg




MINI_OIL.jpg

実作品はデジカメ画像よりも、一回り小さい

MINIOIL.jpg

画像は、ほぼ実物大


想像だけど、恐らく、こぉいう小さい絵を専門に描くアーティストが居たのだろうと思う。これらの作品を見ている時、日本の米粒絵を思い出していた。(これも、是非、一度、作品が見てみたい!!)
02
08
久々のブログ更新
written by ai * 未分類 * edit * CM:2 *
2007 相変わらず、すっきりしない体調の日が続いている。

風邪がすっかり抜けたかな?、、、と思ってたら、又、油断するのか、力がでない日が来たり、、、で、あっという間に、2月も1/3が終わってしまった。

今日は、朝から、鼻水が停まらない状態ではあったけど、お昼前にゲティ・センターに行ってきた。

いつもは、人を案内してゆく事が多く、時間的な余裕もないまま,あちこち駆け足で回るばかりだけど、今日という今日は、じっくりと見るのだ、と、決めて出掛けた。というのが、去年の暮れ以来、づっと見なければ見なければと、思いながら、延び延びになっていた、BERMAN COLLECTIONが、後数日で終わってしまうので、「何だかなぁ、、、」の体調だったけど、元気出して出掛けた次第。ウィークデーなので、混雑もないだろうと思った予測は、多いに外れてしまった。

折角なので、他のプレゼンテーションも時間をゆっくり掛けて見て回った。

久々に写真やら、絵画、家具、他美術品と言われる類を至近距離で、かつ、バーチャルでなく現実で見て、脳髄に雷が落ちたような感動があった。

行って良かった。

、、、が、寒かった。

courtyard.jpg


www.getty.edu

10
29
ポケットウォッチ
written by ai * 未分類 * edit * CM:6 *
2006 子供の頃、外国の物語の中で、、、、お金持ちの、髭を生やしたおじさんや、そのお使いの人が、ポケットからさり気なく、時計を取り出して時間を見る、、、という光景が、やたら格好よくて、とてもハイカラな夢のような世界の人物のような気がしていた。時折、その時計が、蓋を開けるとオルゴールが鳴るのもあったりするのだ、、、何という可愛い世界~~~!!!と憧れた。

で、「で」です。。。この間、ネットで、そのオルゴール付きのポケット時計を買ったのだ。

pkwatch3.jpg
10
25
ミンクベア、2号
written by ai * 未分類 * edit * CM:3 *
2006 ミンク付いてます。(ノ´_`)

Lara's ミンクと昨日一緒に届いたミンクベア。これも、とっても毛並みがよく、艶も最上のミンクのリサイクル。もこもこが本当に気持ちいい。一号のミンクベアはジョイントになっていて、首、手、足が動くけど、こちらは動かない。でも、堂々として、とても頼り甲斐がありそう。(^_^;)
minkbear4.jpg


mimibear4.jpg

すっかり甘えん坊になったmimiちゃん、、、親馬鹿満開なれど、本当に可愛くて涙が出そう。。。。ヘ(´o`)ヘへ
09
28
乱視
written by ai * 未分類 * edit * CM:1 *
2006 づっと以前から、欲しいと思っていたドールケース、まさかの値段でオークション落ちでぃて喜んでいたのだけど、、、

trunk1.jpg

一瞬、乱視・老眼の目のなせる技かと思って、眼鏡を掛けてみたけど、やっぱり歪んでいる。。。
(--;)まぁ、実用では影響がないので、どーって事はないので、ま、いいかと、、、中を開けてみると、、、

trunk2.jpg

おや?こちらも、随分といびつで、、、ひょっとしたら、これがデフォの設定と思ったりして、他のサイトで画像をチェックしたけど、やっぱり、このケースが特殊らしい。(--;)

trunk4.jpg

1/500というとても価値のあるケース(爆)おまけに、失敗作という付加価値もあるので、将来は、これで、倉が建つかも。。。(大爆)

乱視の人が、頑張って製作したのだろうと思って、有り難く、使わせて貰うとする。
01
19
ほのぼの。。。
written by ai * 未分類 * edit * CM:0 *
2006 今日、友達から彼女の家の柴と新入りニャンの可愛い画像が届いた。

クリスマスに見た時は、ニャンは逃げ回って、やっと一枚の写真が撮れただけだったけど、彼女の家に来て1ヶ月、すっかり家にも溶け込んで、柴とも仲良くなったみたい。気の小さい、優しい柴と気の強い子猫のコンビが絶妙。

06.01.14_001.jpg

06.01.14_003.jpg



本日の体重: 44.2kg(14.6%)

先週金曜日まで遡って、seesaaのダイエット日記再開。
やっぱり細かく記録して、管理してなきゃ、いい加減人間の私はだらけてすぐにダイエットを忘れてしまう。
10
27
クリスマス、、、(溜息)
written by ai * 未分類 * edit * CM:0 *
2005 giantsanta.jpg


どうでしょ、このサンタ!!

昨日、買い物の行ったら、このサンタに遭遇。デカイ!!2Mは悠に越えている。しかも、横もしっかりデカイので、スバラシイ存在感。けど、顔が、顔が、、、{{ (>_<) }}

仮に、こんなサンタが家に来たら、プレゼントを貰う事よりも、恐怖で逃げ惑うよーな気がする。

所謂一般のイメージにあるような白い縁取りのある赤い上下を着ているでなく、超高級そうな衣装を着ている。余計に威圧感を覚える。

このデカイサンタの後ろに隠れるように付いていた値札を見て、更に、驚いた。

只でも入らないこのサンタ、、、(いや、貰うかな?

・・・しかし、仮に貰ったとしても、自分では運び込めないなぁ。亭主ですら、家の中にいたら、嵩高いと思うのに、このサンタが来た日には、、、、

ま、呉れそうな人は居ないからいいけど。。。
Copyright 2007 ガリバー日記 all rights reserved. Designed by from fm in blog. Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。